2017年07月24日

ひとつの響きに溶け込むこと

5月21日、犬山国際観光センターでの練習で、初めてひとつの響きに溶け込むことが体感できた。
第59回演奏会に向けて、指揮者の川瀬賢太郎さんに、バースタイン「チチェスター詩篇」最終部のコラールを指導していただいていた時のことである。川瀬さんは、各パートの音量、ピッチ、響きを丁寧に調整しながら、バス、アルト、ソプラノとそれぞれの音を重ねていき、最後に私のパートであるテナーを入れた。その時、会場の空間にひとつの響きが満たされた感じがした。かつてない経験である。
私は合唱歴5年であるが、こんな経験は一度もない。グリーン・エコーで歌っていてハーモニーが綺麗に響くことはあっても、自分の声が全体の中に溶け込んでしまい、ひとつの響きが空間を満たしたことは、この時が初めてである。うまく表現できないが、空気の代わりに響きが空間を満たし、不思議な浮遊感と厳かな雰囲気が合わさった感じがして、いつまでもこの音、この響きの中に漂っていたい、そんな気持ちであった。
キリスト教会で美しい聖歌を聴くことは、こんな感じの中に身を置くことかもしれない。人々が教会へ足を運ぶのも、こうした心地良い感覚を味わいたいという気持ちが、無意識に中にあるのではないか。

残念ながら、その後同じ感覚を味わうことはないが、近い感じはよくある。一度この感覚を味わうと、そうした状態になるように、周りの音や響きを聴きながら自分のピッチや響きを調整していくことに、自然に心がけるようになった。今までの自分は、与えられたパートの音を正確に出そうと努力はしていたが、周りの音や響きを聴いてそれに交じり合おうとする気持ちが弱かったような気がする。
こんな大切なことに今頃気がつくとは情けない限りであるが、今回の体験は合唱を続けていく上で大きな収穫であった。合唱の魅力は尽きない。   (ヨッシー)
posted by blogstaff at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年07月16日

楽しかった大阪コンサートツアー

7月14,15日 のべ40名程でバーンスタイン作曲のミサを聴きに大阪のフェスティバル
ホールに行ってきました。赤い絨毯の階段を上がりホールへ。広くて綺麗、側面には
バルコニーBOX席もあり とても素敵な会場です。

権威に頼らない新たな信仰や民衆の歌声による平和への訴え。荘厳なミサ曲にフォー
ク、 ロック 、ブルース 、舞踊、 演劇要素も加えた総合芸術。とてつもなく型破り
のミサ曲です。プロのソリスト17人もの熱唱。民衆のクワイヤー(聖歌隊)。爽やかな
キッズコーラス。ボーイソプラノ 込山君(中1)の心洗われる美しい声。バーンスタ
イン特有のリズム感、口ずさみたくなる軽快なメロディや 難しくて重厚なハーモ
ニー。まるで裸体のようなダンサーの艶かしい躍り。和訳は時折、関西弁で、よろし
おまんな〜 とか、駄洒落が織り込まれていて、ビックリ (関西の人には受けたかし
ら?)様々な演出に目を見張り、魅せられながら ラストの平和を願う合唱には 心打
たれました。

そして、この型破りのミサの日本初演は何と43年も前。演奏会を開催したのは私たち
グリーン・エコーでした。大胆にもコンサートで名古屋を訪れていたバーンスタイン
に会い、本人から直接、上演の許可をいただきました。元気溌剌 ステージあふれん
ばかりの熱気。そして、その時歌った団員達が今でも 現役バリバリで歌っている
事。とても誇らしく思います。

私たちのグループは終演後 道頓堀へ。水掛不動にお参りして グリコの大きな看板見
ながらたこ焼き,串揚げ,ビールで乾杯。美味!
とても楽しい大阪ツアーでした。 (あ)
posted by blogstaff at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年07月15日

「カルミナ・ブラーナ」でワクワクドキドキ

7月から団全体での本格的な「カルミナ・ブラーナ」練習が始まっています。この練習が始まるまでに、新しい楽譜に歌詞の対訳と単語ごとの意味をなんとか書き込み終えました。「カルミナ」は歌詞が多く、かなりの時間と忍耐が必要でした。
改めて歌詞を見てみると、中世ヨーロッパの庶民の心情が生き生きと表現されており本当にバラエティに富んだ楽しい曲だと思います。2曲目に、運命の女神の額には黒髪があるが後ろ側は禿げているので通り過ぎてからでは捕まえられなくてチャンスを逃してしまうというのがあります。これは、仕事をしていたとき聞いたことがあり親しみを感じる話です。8曲目、少女が若者の気を引こうとする心情を表現した歌は何ともかわいい。14曲目の酒場で酔っ払いが歌う歌はまさに自分が酔っ払って歌っている気分になれます。19曲目の、もし若者と少女がいっしょの部屋にずっといたらと歌う男声合唱も楽しい。
対訳や単語の訳を書き込むのはちょっとたいへんな作業でしたが、おかげで毎回の練習で想像をふくらませて楽しむことができるようになりました。大好きな「カルミナ・ブラーナ」、これからもワクワクドキドキが続きます。(と)
posted by blogstaff at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年07月04日

*本番終了のあと・・・

R0001126.jpgR0001130.jpg
夏も序盤というか、蒸し暑い日もぼつぼつ・・・気の早いスイカや向日葵の写真を載せ
てみました。
先ごろの第59回定期演奏会ですが、ご来場いただいた方々には重ね重ね御礼を申しあ
げます。
合唱団員のひとりといたしましては特にオケ伴の演奏会は聴くべき、見るべき情報が
多く、暗譜が不完全であろうがほとんど楽譜を見ている余裕がありません。視線を広く
とるために前列の人の楽譜を覗き込むという手はありますが。
今回は(も?)管弦楽に叩き物が多かったので、特に男声は120%以上のパワァを出
さねばならず、終わったあとはもうくたくた。
さて先週の6/29の練習で、本番の録音を聴いて反省する機会がありました。生演奏の盛
り上がりの中、というか、人間の声を生で聴くのとは違って、正直赤面したりや冷や汗
出たりする部分もありました。さぁどうしよう・・・
私ある程度の年配者なので、なにか悪いところがあると最善は克服することですが、次
善の策として 悪いところとつきあいながらより上を目指す、ということも考えてしま
います。山登りにたとえれば、若い人は尾根筋をさっと登ってしまうけど、その力がな
ければ、山麓をまわりながらうまく登れるところがないかと探したり、登れそうなとこ
ろを少しずつ登ってみたりする。滑落することもあるかもしれませんが、あそこまで行
ったらどんな景色が見えるだろう、とか考えながら、それで少しずつできるところから
・・・もちろん演奏会にかけるのだから、最後にはある程度のところまで登らないとい
けません。
それでも「登ったことにする」には意地でもしたくありません。
次は今年10月の「カルミナ山」登山です。頂を見ると「わぁ・・・」と思ってしまい
ますが、攻略できるところから攻略することにいたしましょう。(KI)
posted by blogstaff at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年06月26日

次の目標へ♪

今日、グリーン・エコー第59回演奏会を無事に行うことができました。
雨の中、たくさんのお客様にお越しいただきました。また、川瀬賢太郎先生はもちろん、ソリストのみなさん、名フィルのみなさんが心を込めてひとつの音楽を私たちと一緒に作り上げてくださいました。心より感謝を申し上げます。

聴いてくださったお客さまにはどのように届いたでしょうか?シンプルな旋律ゆえの難しさもあり、100点満点の出来ではなかったと思いますが、これまでの練習は無駄ではなかったと強く感じます。舞台からは、客席がキラキラと輝いて見えて、実に晴れがましく幸せな気持ちでした。練習の日々は大変でしたが、それがなければ今日の充実感はなかったと思います。歌えるのは決して当たり前ではないことも実感しました。

グリーン・エコーは、今週からは名フィルの記念すべき第450回定期演奏会(10月6日-7日)の出演に向け、また頑張っていきます。次は、カルミナ・ブラーナ♪名フィルのみなさんの今日の熱い演奏へのお返しに、今度は私たちが熱く盛り上げられたらよいなと思っています。(A 6/25記)
posted by blogstaff at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景