2020年09月19日

雨飾山

雨飾山山頂を望む.jpgヨツバヒヨドリとアサギマダラ.jpg
コロナの影響で、我が家の登山の形も変化してきました。山小屋はどうしても密になりやすいため、恒例の夏山登山も、今年は山小屋泊をやめ、麓の温泉に泊まって、翌日登山し、下山してからまた温泉という形になりました。
8月初旬に登ったのは、長野県と新潟県の県境にある雨飾山(1,963m)。
深田久弥の『日本百名山』の一つでもあるこの山は、「猫の耳」と呼ばれる双耳峰であり、南峰には標柱と三角点が、北峰には石仏が並んでいます。山頂に置かれた石仏が北を向いていることから、もともとは越後、日本海側の信仰の山だったと推測されています。
深田久弥は雨飾山登山を3度試み、1941年の2度の撤退を経て、1957年にようやく登頂しています。氏の著書『わが愛する山々』に、「ついに私は長い憧れの雨飾山の頂に立った」という記述があります。

さて、我が登山隊は、長野県側の登山口、小谷温泉から登り始めたのですが、なかなかの急登で、喘ぎ喘ぎでした。しかし、高山植物が非常に豊富で、いたるところに黄色や白、紫の可憐な高山植物が今を盛りと咲きほこり、最近名前を覚え始めた私は、登りのしんどさも忘れて、夢中になりました。
ようやく山頂に着いた頃、ガスが湧いてきて、日本海や、後立山連峰などの眺望がかなわなかったのは残念でしたが、十分に楽しんで下山路に着きました。下山は、新潟県側の雨飾温泉へ。ところが、この道は、あまり人が入っていなくて、下山中、誰とも会わないという登山道で、長野県側よりも一層急な斜面の連続でした。ロープやハシゴ場も多く、転倒しては大変、と慎重に下山したため、予定時間を随分オーバーし、雨飾温泉に着いたときはへとへとでした。1日の登山にしてはなかなかハードだったと思います。
しかし、宿泊した雨飾山荘は、「日本秘湯を守る会」の会員の宿というだけあり、携帯電話も繋がらない、山の麓の一軒宿で、コロナの影響もあってか、夫婦貸し切りで泊まれたのはよかったです。

写真は、登山途中の荒菅沢から見た雨飾山の頂上と、ヨツバヒヨドリの蜜を吸うアサギマダラ。
人間は、コロナで右往左往しているけれど、山も、高山植物も、それに集まる蝶も、何も変っていません。この地球に一緒に住むものとして、植物とも昆虫とも動物とも、また、コロナとさえも、共存できたらと思いました。
さあ、グリーン・エコーの練習再開までの間、私はいつまでも歌える身体づくりに、精を出すことにします。(M)
posted by blogstaff at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年09月12日

時間

 
今月末で、会社の上司が退職することになりました。定年退職です。
昔から、いろいろとお世話になり、とても話しやすく、気さくな人柄で、皆から人気がありました。
 
見た目がお若いので、普段は年齢を感じませんでしたが、現実をつきつけられた気がしました。
 
確実に「時間」は進んでいくものですね。
 
上司はいったん仕事を離れ、趣味のゴルフを存分に楽しみ、長年の疲れを癒やすそうです。
 
私自身の定年退職は、まだまだしばらく先ですが、会社を辞めたら、自分はいったい何をしたいのか?
上司の件は、立ち止まって自分の将来を考えてみる、良いきっかけになりました。
 
そしてもう9月。
いつのまにやら、日が落ちるのも早くなり、秋は目前です。
 
芸術の秋を楽しめる、穏やかな毎日が来ることを願って、今日もまた、時間が過ぎていくのでありました。
(ま)
posted by blogstaff at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年09月06日

再開しました!

20200906散歩_s.jpg
9月からウォーキングを再開しました。6月の終わり頃まではほぼ毎日10000歩くらいのウォーキングをしていたのですが、猛暑で中断しました。それから約2か月、コロナのこともあって、巣ごもり生活を続けてきました。8月が終わった途端に、台風のせいもあって、風が涼しくなったのでウォーキングを再開しました。
再開初日は足がガクガク。巣ごもり中でも、ときどきはスクワットなどの筋トレをして体力の維持には気をつけていたつもりでしたが、足腰がすっかり弱っていました!危ないところで再開できてラッキーでした。
ウォーキングのときは姿勢に気をつけます。姿勢を意識してひたすら歩くことは、体をバランスを自然な状態に戻すのに有効だそうです。
最近、声を出すときの自分の体の状態をじっくり観察する時間のゆとりができ、頭の位置を含めた上半身の姿勢が声の出しやすさに直結していると感じられるようになってきました。
やっぱり、声は体全体を使って出すものなのですね!
これからも、豊かな呼吸で長く楽しく歌っていけるようがんばります。(と)
(写真はウォーキング再開初日の1枚です)
posted by blogstaff at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年08月30日

8時だよ! のお楽しみ

自粛が始まった3月頃、アルトでは、パートリーダーから、木曜日の夜8時から、各自
の家で次回の演奏曲「ユビラーテ・デオ」を練習しよう!との提案がありました。
8時前になるとスタンバイOKのメールが、9時過ぎには、歌ったよメールが賑やかに飛
び交い、会えなくても同じ時間に皆で練習していて心は一つ!の思いでした。

次の提案は、zoom練習。ガラケーでパソコンにカメラが付いて無い私は、参加できず
残念でしたが、カメラを取り付けたら参加でき、初めて接続した時は画面越しにたく
さんのメンバーに会え、本当に感動しました。久しぶり!元気?など暫し歓談、体
操、消音にして、発声、音源に合わせ「ユビラーテ・デオ」の練習です。

次は、難しい「ユビラーテ・デオ」とは別に、気軽に歌える愛唱曲(赤トンボや泉の
ほとり等の愛唱歌)を歌いたいとの要望で、9時少し前には、愛唱曲も歌うようになり
ました。
そして、愛唱曲の時には、画面に色々な年の歌い納めや、演奏会打ち上げ等の懐かし
い写真が、スライドショーで流れます。完全三密状態、食べたり歌ったり、皆の弾け
んばかりの笑顔の写真を見ていると、ついこの前まで当たり前に出来た事なのにと、
胸にこみ上げるものがあります。

そして今は、リモート合唱の提案です。

集まって歌えないなら、出来る事をやってみよう!と色々企画、提案してくれるメン
バーのおかげで新しい楽しみがあります。
勿論、皆で集まって歌えたら最高です。
又会う日まで、会える時まで、♪
8時だよ!で、練習を楽しみたいと思います。  (あ)
posted by blogstaff at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年08月26日

スポーツ会館は空いっぱいの青空

『あなた、腕の動きがおかしいね。手は小指から出して小指から入れる。こうやって水を押していって、フィニッシュで手首を返して、そのまま小指から出せばよい』私の下手くそなバック(背泳)を見かねて声をかけてくれたのは、同じコースで泳いでいたシニア女性。ほぼ毎日1,500m泳いでいると言うこの女性の泳ぎは力強くそして速い。休まずに泳ぎ続けた後で息切れもしていない。『どこも悪くないから健康診断も受けない』と笑い飛ばすこの方の年齢は81才。『さあ泳ぐかな。お先に』と私に声をかけた男性は、プールの壁を蹴って潜っていく。でも、なかなか浮上してこない。もう浮上する頃だと思ってもまだ出てこない。『大丈夫かな』と不安を覚えた頃、ようやく25m向こうの壁に姿を表した。いつも潜水泳ぎばかりしているこの男性は80才だ。息使いも荒く、激しく水を切り裂いてバタフライに打ち込む女性がいる。水の上を弾む様に泳いでいる。『もっと自分を追い込んでタイムを上げていきたい』と言うこの女性の年齢は72才。定年を契機に近所の市営プールに通い始めたが、とんでもなく元気な人達に出会うことができた。そんな途方もなく元気な人達が、ごく普通にしかもたくさん存在していることにびっくりした。このプールに通っていると、世にいう高齢化などではなくて、別次元の世界が新たに始まっていると思われてならない。風貌は多少年配に見えても、心も体も信じられないほどに若々しい。プールはコロナ影響で3ヶ月間閉鎖となったが、6月初めから再開している。検温や住所申告などの手続きは増えたもののその賑わいは以前と全く変わらない。じゃれあって歓声を上げる
子供達、会話を弾ませながら水中を歩き続ける年配層、みんなとても楽しそうだ。お隣の筋トレ室も同じ時期に再開していて盛況を呈している。感染症の事例も全く発生していない由。スポーツ会館からみえる景色はもう空いっぱいの青空だ。合唱も演奏会も一気に青空になります様に!(はなパパ)
posted by blogstaff at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景