2017年05月23日

第2回目の本番指揮者練習

きのうは本番指揮者の川瀬賢太郎先生による2回目の練習でした。
前回の川瀬先生の初回練習で曲のイメージが大きくふくらんで、2回目の川瀬先生練
習がとても楽しみでした。
今回は、ジェンキンス「平和への道程」では前回できなかった後半と、バーンスタイ
ン「チチェスター詩篇」を練習しました。
最初は「チチェスター詩篇」から。まずは7拍子に乗って躍動感を感じること、次々
に景色が移り変わっていくような自然な変化の作り方、休符で一服していないで次の
表情を作るなどなど、川瀬先生のご指摘でいままで見過ごしてきたこの曲の魅力に
次々に気づかされます。男声パートと女声パートのかけ合いの部分では、その場でお
互い実際に向かい合って歌ってみることによって、気持ちの交流が曲の中に流れてい
ることを実感しました。
続いて「平和への道程」。後半は戦争が終わって戦争の悲惨さをどう伝えるかがポイ
ントです。カール・ジェンキンスの曲はとても美しいのですが、そこに甘んじない
で、戦いの後の惨状や残された者の悲しみを伝えなくてはなりません。川瀬先生から
の、同じメロディーが繰り返されるたびに自分の息子や夫や恋人が亡くなっていく気
持ちを想ってみてくださいという言葉が印象に残りました。
今回も、同じ曲作り上げていく者として団員一人ひとりと向き合って忍耐強くご指導
いただきました。来月の演奏会で演奏する2つの曲の魅力、そして、歌うことの素晴
らしさを改めて教えていただいた1日でした。次の川瀬先生練習は来月初めです。そ
れまでに今回いただいた「傾向と対策」をこなし、次を目指したいと思います。
(と)
posted by blogstaff at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年05月16日

*あじさいの咲くころに・・・

あじさい1.jpgR0001074.jpg
・・・グリーンエコーの第59回定期演奏会(6/25 18:00開演 名古屋市民会館)が
あります。ご来場よろしくお願いします!。
最初から強引な展開ですいませんが、先ごろ5/11に、今回の演奏会の最初の本番指揮者
練習がありました。マエストロは川瀬賢太郎先生。名フィル定期のプロコフィエフに続
いて・・なんですけど、練習登場の挨拶はあえて「はじめまして!川瀬です。」団員大
拍手のうちに練習が始まりました。
今回は時間がないためジェンキンスの「平和への道程」を主に練習しました。
最初は手拍子の練習、というのは1曲目のThe Armed Man が12/8拍子なので、たとえば
5曲目の Sanctus 4/4拍子とはリズム感が違うんだよ、との確認でございます。
川瀬先生いわく、この曲は戦争前・戦争中・戦争後という状況で進行する音楽で、今の
日本でいわば「戦争後」の世界を生きている私たちは、そこから戦争前・戦争中の状況
とか気分とか、いろんなことのイメージを作って表現しなければならない・・明るい表
現が必要なんだけど今からみるとぞっとするようなイメージとか・・そして最後のアカ
ペラ部分、合唱にとってはくたくたになったあとで最大の難所なのですが、その最後の
和音が解決しているように見えて不完全なのには、作曲者の将来に向けての願いが込め
られている・・・そんなことを平易な言葉とエネルギッシュな指揮ぶりで語っていただ
きました。
もちろん政治的主張ではなく純粋なイメージで表現するわけで、私たちもそれなりにト
リップ(危ない?)して宇宙を創造(大袈裟?)するわけですね。
サクラサク ならぬ あじさい咲く になるよう、やってやりましょう。(KI)
posted by blogstaff at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年05月09日

未来の団員!?

連休中も通常通り練習があり、一生懸命、楽しく歌っているグリーン・エコーです。

さて、連休中、我が家に妹とその3人の子供たちが遊びに来ました。一番上は小学校4年生のお兄ちゃん、年子で3年生の弟、そして2歳7か月の末っ子の妹、という3人です。

驚いたのは、まだまだ赤ちゃんというイメージだった末っ子が、なんと歌を歌っている!!家で「アナ雪」のDVDを飽きることなく見ているそうで、歌ったのは、♪ありの〜ままの〜…、そう、あれです。その一節(だけ)を機嫌が良いと、よくわからない手振りを付けて歌っています。

母は「どんぐりころころ♪とかだったら一緒に歌えるのに、あんな難しいの歌えない」と子守をしながら苦笑いしています(私も映画は見てないから歌えないけど)。機嫌がいい時にしか歌わず、歌って!と言っても照れてなかなか歌ってくれなかったりして、そんな様子を見ていると、ずいぶん人間らしくなっちゃったなあと笑ってしまいます。

妹は元幼稚園教諭で、童謡などを歌い聞かせていないはずがないのですが、初めて歌うのがディズニー映画の曲なんて、やっぱり今どきの子だなあと思います。でもお兄ちゃんたちの小さい時は歌っているのなんて聞いたことがなかったから、歌好きのおばちゃんとしては、ちょっぴり嬉しい気分です。大きくなったら、一緒に歌う?? (A)
posted by blogstaff at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年04月27日

3匹の子猫

 暖かくなってきて、庭を猫がよく通るようになりました。先日、どこかの猫が庭の中ほどにある水鉢から水を飲んでいました。おなかが大きくて、もうすぐ子猫が生まれそうでした。その猫を見て、去年の夏の話を思い出しました。知り合いの動物病院の奥様から聞いた話です。
 夏のとても暑いころの朝、病院の玄関に段ボール箱が置いてあって子猫が3匹入っていたそうです。ちょくちょくあるそうで、春にも4匹の子猫が居たそうです。元の飼い主は、動物病院の玄関に置いておけば、きっと新しい飼い主に会わせてもらえるだろうと思ったのでしょう。その期待通り、それらの猫たちは新しい飼い主にめぐり会えたそうです。
 結果オーライとはいえ、元の飼い主には子猫を捨てるに至ったことを猛省してほしいと思います。でも、そんな元の飼い主の想いが何かしら伝わってくるものが段ボール箱には入っていたのです。暑くてたまらない日々が続いていた頃です。その箱には保冷剤が入っていたのです。狭い箱の中で子猫が熱中症になるのを心配したのでしょう。それを聞いて何やらほっこりさせられました。
 さてさて、また今年も春になりました。どうか今年はそんな子猫たちの話が出ませんように。(et)
posted by blogstaff at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年04月18日

黒い円盤を処理せよ、成功を祈る・・・

 少し前にLPレコードの話題が出ていたので関連した話ということで。団内で資料デジタル化を担当していた私ですが、LPレコードについてはなかなか苦労しています。当初LPのデジタル化はそんなに苦労しないと甘く見ていました。
 私は現在30代後半です。物心ついたころにはLPはピークを過ぎ、主流はカセットテープでした。テレビのスピーカーに近づけて録音していて、それを知らずに部屋に入って話を始めて怒られるとか懐かしいものです。
 年末年始に実家に帰っておそらく何十年も放置された小さいLPプレーヤーを触ってみました。針はないし、そもそも電源を入れてもターンテーブルが回らないなど壊れていました。しかしながら、何やらよさそうなベートーヴェンとかレコードが何枚かあり、LPは音が良いらしいので聴いてみたいところです。
 そんなとき中古屋で格安のプレーヤーを見つけました。型落ちの新古品、USB接続でパソコンに音が取り込めるなど大変魅力的。団内資料デジタル化と実家のレコード視聴の2つの目的があるからまあいいやと購入。45年前の団のLPを聴いてみましたが結構音割れがする、これはまたもや安物買いの銭失いなのか(2/9の記事をご参考に)。そう思いつつも実家から持ってきたレコードの音はそんなに悪くなかったのでレコードの問題か。ここからLPのことを勉強するようになります。そのままつなぐだけでは録音ができないらしい。フォノイコライザー?どこかのヒーローの必殺技みたいだな。
 それにしてもLPの音が良いとは全く思えないのです。デジタルな音楽環境から始まった若い世代だからかもしれません。単に機材が悪いだけかもしれません。調べると汚れたレコード盤は洗うと音が格段に良くなるらしいのです。レコードって洗えるのか?ともあれ試行錯誤あるのみ。ただ、大事な資料を洗ってダメにするのもよくないので、どうなってもよい「汚れのある安いLP」を探しに再び中古屋に行きました。見つけたのが300円で10枚入りの落語名人全集。昭和初期の大名人ばかりで失礼ではないかと思うぐらいのお買い得です。聴いてみよう・・・あれ、本来の目的は?
 と、いろいろしているうちに未だにミッション(LPデジタル化の技術を自分なりに確立)を達成できぬままです。デジタル化もこの記事も脱線していくのでした。
(たぬき)
posted by blogstaff at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景