2020年08月02日

カラオケの効用

新型コロナウイルス感染を避けるために外出を自粛している方が多い。特に高齢者や基礎疾患のある方は、感染すると重症化するリスクが高く、より慎重になっておられると思う。ただ、自粛も相当長期間に及んでいるため、人と接することが減って孤独感が増して鬱状態になったり、身体を動かさないことにより廃用症候群が進行するなど、別のリスクが高まることも指摘されている。

88歳の母は、私の自宅から車で約30分のところに一人で暮らしている。元気で過ごしているものの、コロナの影響を受けて、買い物へ行く回数を最小限にしたり、時々仲間とカラオケを楽しんでいたが、それも暫く中止となってしまった。幸い、ご近所づきあいはあるし、私を始め家族とは時々顔をあわせているので孤独になっていることはないが、人と会う頻度は減っている。

母は、外出が減ったことにより歩行時に足の違和感が出始めたため、最近は自宅近くを散歩している。短時間であっても散歩を続けることにより、足の違和感は改善したようだが、意外なことに、声が出しにくくなったと言っていた。お経を読む時に思うように声が出ないらしい。人と話す機会が減り、カラオケを歌う事もなくなったため、口やのどの筋肉の動きが悪くなったようだ。これに対しては、カラオケのカセットテープで家で練習を始めたら、歌の声も出しやすくなったし、お経の調子も元に戻ったと言っている。

身体を動かす機会が減ると下半身の筋力が低下することは容易に想像できるが、口やのどの筋肉も動かしていないと低下することに改めて気づかされた。合唱の練習が中止になって半年近くになるので、意識して個人練習を続けないとどんどんレベルは低下していくだろう。グリーン・エコーでは個人練習用の音源が作成されており、これを使って自主練習できるのはありがたい。特に発声練習用の音源は短く分けられているので、自分の都合に合わせてすきま時間でも練習できる。練習再開の見通しはたっていないが、合唱の響きを想いつつ、一人で練習を続けている。(ヨッシー)
posted by blogstaff at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年07月26日

83番

先日、同じくブログを担当している方と「当番、すぐに回ってきて、練習もないから、話題に困るよね(笑)」と話したのですが、たしかに週一回の更新ペースで、約10名が担当しているので、2ヶ月強で担当日が訪れます。月日が経つのは早いです。

これまで、星座、宇宙、絵画など音楽以外で、全然詳しくないけど好きなモノを題材に何度か書かせて頂きましたが、今回は鉱物。

高校の化学で「水兵リーベ…」と周期表を習ったときに、初めて聞く元素名にワクワクしました。10年ほど前、セオドア・グレイ著『世界で一番美しい元素図鑑』という本を買って、その気持ちを思い出しました。今でも時々眺めて、元素の多様な美しい姿に癒されています。

昨日、テレビで、ビスマス結晶が紹介されていましたが、虹色で実に美しく、四角が重なった幾何学的な形も魅力的です。(タイトルの83番とはビスマスという金属の原子番号です)

数年前、大須でビスマスのピアスを見つけ、散々迷って買わなかったのをまだ後悔しています。それは酸化膜による虹色ではなく、元々の銀白色で、それが渋くてまた良い…。そんなもの、どこに付けていくの?と言われそうだけど、持っていれば満足なんです。まぁ、あんなに角張った結晶、耳に付けたら髪にもマスクのゴムにも引っ掛かるし…。ほーら、ビスマスってどんなものか知りたくなってきたでしょう?ぜひ検索してみてくださいね。

さて、今まで好き勝手な題材を取り上げては、最後に強引に合唱に結びつけて来たので、今回も、と思えど四苦八苦…。でも、皆が時間をかけて一生懸命練習して、その先に純粋なものが美しい形になると捉えれば、合唱も『結晶』と言えるかもしれません。心ひとつにして練習できる日を心待ちにしています(きれいにまとまった?) 。 (A)
posted by blogstaff at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年07月19日

中学の音楽室

休日のお昼近く、蝉時雨と競うように、隣接する中学の開け放たれた音楽室から吹奏楽の練習が聞こえてきました。音楽の時間には『花』や『夏の思い出』が時々聞こえてきますが、元気あふれる混声合唱ではないので、たぶん歌唱教材の音源でしょう。学校が再開されてから、生徒の歌う声が聞こえてくるのを心待ちにして来ましたが、まだ先のようです。

私たちグリーン・エコーの9月に予定していた名フィルとのマーラー『復活』は中止になりました。次の予定は来年3月20日の演奏会です。
まだ練習は再開されていないので、今はパートの有志でZOOMを利用しながら、毎週練習をしています。団内指揮者から送られてきた自習用の動画(『ユビラーテ・デオ』全7楽章)にも助けられています。一番難しいと思われるズールー語の第4楽章も皆と一緒に楽しくクリアできました。

最近は「とにかく歌いたい! 仲間と歌いたい!」という気持ちから、ZOOM練習に、日頃有志で老人施設に訪問していた時歌っていた、愛唱曲も加わりました。

中学生の合唱が聞こえてくる頃まで、隙間時間のおうちトレーニングで、声も体もしなやかに保ちたいと思っています。(U)








posted by blogstaff at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年07月11日

この花の名前は?

ブタナ写真.jpg

コロナ禍で外出自粛をするようになってから、運動不足解消も兼ね、近くの緑地を歩くようになりました。歩いて行ける範囲に3つの緑地や里山があり、天気のよい日は3か所を順に回ります。近いところで4qのコース、少し遠い緑地だと8〜9qのコースです。

そうして歩いてみると、いろいろなことに気づきます。道端にひっそり咲いている野の花や、かわいい花を咲かせている木、澄んだ声で囀っている野鳥…。
そして、同じところを繰り返し歩いていると、変化にも気づきます。咲いていなかった花が開いたり、咲いていた花が散って実になったり…。

時を同じくして、長年の友達も、身近な自然に関心を持っていることがわかり、さっそくLINEで、花や木の写真を送りあうようになりました。互いに、「これはなーんだ?」とクイズを出しあうのです。(「Googleレンズ」というソフトを使うと、名前がわかってしまうのですが、それは使わないルールです)
知らない花や木の写真が送られてくると、図鑑やインターネットで必死に検索して、「これでは?」などとやりとりします。中には、これは何科の何属などと、植物の分類に詳しい友達もいます。
そうして名前を知ると、とても身近に思えるのです。歩いていて、名前を知った植物を見つけると、「これだ」と、次の散歩の時のチェックポイントになります。
そのようにして、この春から覚えた花や木の名前は30種類ほどになります。

今までは、「花が咲いている、木がある」としか思わなかったのが、名前を知ることで、観察する眼も変わります。こういう場所にある、こんな特徴がある、花の後はこんな風になる、こんな実をつける…と、興味がつきません。
こうやって身近な自然に興味を持つことで、知らなかった世界が広がったような気持ちです。そうしてみると、コロナも悪いことばかりではなかったかもしれません。

さて、写真の黄色い花は、5月頃、そこここで見られた「ブタナ(別名タンポポモドキ)」という花です。帰化植物で、豚が好んで食べることから、フランスでは俗名「豚のサラダ」と呼ばれているそうで、そこから和名の「ブタナ」がついたとか。外来生物法の「要注意外来生物」に指定されているようです。来年の春に、お近くの公園などで見つけてくださいね。(M)

posted by blogstaff at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年07月05日

職場


早いもので、もう7月。
2020年が半分過ぎてしまいました。

スーパーやコンビニのレジでは、ビニールの仕切りカーテンが当たり前になりました。
会社でも、事務所の机に仕切り板を設置することになりました。

透明のアクリル板、が本社から来るものとばかり思っていたら、届いたのは無数の段ボール!
それを折って、自分の机を囲むように、机に立てて、仕事をしています。
立ち上がらないと、同僚や上司の顔も見えません。

また、朝晩、体温や体調の報告をし、事務所内では必ずマスク着用。
入退室時は、必ず手指の消毒。
会話もなるべく最小限に留め、コピー機や書類戸棚、ドアノブ、共用で使う物等は、必ず毎日、複数回、消毒液で拭くように決められています。

とても息苦しい日常生活です。
でも、最初こそ戸惑いましたが、段々とこの生活にも慣れてきました。
日頃から用心していれば、きっといつの間にか、全て解決されているのかもしれませんね。
皆様、お身体に気をつけて、お過ごし下さい。    (ま)


posted by blogstaff at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景