2016年02月28日

2016.2.21強化練習

2/21は本番指揮者の広上先生を迎えての強化練習。会場は天井も高く平面席も広々と余裕のある昭和区役所講堂。
春とはいえ、外はまだ寒く、団員はセーター姿が大半なのに広上先生は半そで姿で登場。
 時にはちらっと辛辣な社会批評?や歌い方についての面白いサジェスチョン、NHKの大河ドラマ「真田丸」の俳優の物まねなど芸達者な指導で、T〜Zまでの全曲を練習してしまいました。楽しい練習は長時間でも疲れないと痛感。

 もう一つ嬉しかったこと。新しく練習用音源が作られ手元に来ました。色々と工夫されたCDで、作成者の苦労がしのばれました。
これで本番に向けての道具立ては整いました。後は自宅練習と残り10数回の練習。
 音程や言葉の練習は今度のCDが教えてくれますが、この歌にどのような気持ちを歌いこむかは教えてくれません。
広上先生が何度も指摘されるように、たとえばHerrやTodは実に短い単語ですがその言葉で表現しなければならない意味は深いものがあります。
ディジタルなCDの表現でなくアナログな人間の声でないと聴く人に感動は伝わりません。
 簡単には歌えない難曲であり大曲です。本番までちょうど2か月となりました。頑張ります。(Full)

 

posted by blogstaff at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2016年02月19日

健康診断の話

私の職場では、毎年2月に健康診断を行います。
健康診断は年齢によって検査項目が変わるのですが、私は昨年ついにバリウムデビューしました!

バリウム検査はしんどいと聞いていたので、前日からすごく緊張していました。
粉炭酸、水、バリウムを順に渡され、『ゲップをしちゃいけない!!』と思い、必死で飲みました。
台の上で、必死に指示通りに転がり、検査終了。ほっと一安心。

検査担当の方に「お疲れさまでした。口を拭ってお水を飲んでください」と言われ、鏡を見ると上唇にバリウムがべっちょり...この顔で検査を受けていたなんてと愕然としました。

バリウム検査未経験の方に伝えたいことは、以下の3点です。
@空腹時に飲むバリウムは意外と美味。(個人差はあると思います。)
A検査は台の上で回されるのではなく、自分で転がるのです。(これも知らなかった。)


Bバリウムはお行儀よく飲む。(鏡を見て、びっくりします。)

今年の健康診断は、同じミスを繰り返さないように頑張ってきます。

ますのすし
posted by blogstaff at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2016年02月07日

広上先生の第2回目演習日

2月4日は、4月に演奏するドイツ・レクイエムの指揮をしていただく広上淳一先生をお迎えしての、2回目の練習日でした。
広上先生は前回と同様に、半そでTシャツ姿で元気に登場されました。

今回は最終曲の第7楽章からのスタートです。
「この曲は昇天したようなイメージで、第6楽章までとは全く別モード歌ってください。」
最初のソプラノだけが歌う出だしのメロディーがうまくいきません。
すると、ソプラノの団員のひとりに、

広上先生「食べ物は何が好きですか?」
団員「和牛です。」
広上先生「どうやって食べるのが好きですか?」
団員「焼いて食べるのが好きです。」
広上先生「タレはどうしますか?」
団員「バター醤油でいただきます。」
広上先生「では、ソプラノで出だしのイメージは、大きな和牛がほほ笑みながら降りてくる感じで、重々しく歌ってください。」

すると一転。ソプラノの出だしのメロディーが堂々として素敵に変身しました。

こんな感じで、ユニークで印象的なサジェスチョンをたくさんいただきました。今回もピアニカが大活躍で曲のイメージをわかりやすく伝えてくれます。私たちが歌うと指揮をしながら大きくうなづいてくださったり、「いいですよ!」、「おお、うまい!」とほめてくださいました。

その日、ノドの調子がいまひとつで控え目に歌おうと思っていた私も、すっかりのせていただき、練習が終わったときにはノドの調子も良くなっていました。

歌うことの楽しさをあらためて感じさせていただいたひとときでした。

終始エネルギッシュな広上先生は、練習が終わったときもにこやかでいっそう元気にあふれて見えました。(と)
posted by blogstaff at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2016年02月01日

はりねずみ

poster.JPG
以前、ここに、ブラームスのピアノ曲が好きだと書いたのですが、手元にあるピアノ曲集のCDジャケットにはブラームスのシルエットと思われる影絵と、なんか赤いモノがいます。よく見ると、ハリネズミ。

ブラームスの行きつけのレストランの名前が『赤いハリネズミ』といい、この影絵のデザインはオットー・ベーラーという、ドイツの作曲家のシルエットをたくさん残した影絵作家の有名な作品がもとになっているようです。ブラームスは生涯独身だったこともあり、外食が多かったそうで、お気に入りメニューは『肉団子のスープ』だったとか…。スープが髭につかないように食べていたかも…?

さて、昨日1月31日、日曜日は強化練習。午後をたっぷり使い、先日の広上先生のご指導の復習と、次の木曜の再びのご指導に向けての練習となりました。先日のブログにも広上先生の練習の楽しい感想が載りましたが、その日、グリーン・エコーの音楽マネージャーが先生にお願いして、ポスターにサインをいただきました。『素晴らしき仲間との想い出』と記されています。

個人的な話ですが、私がグリーン・エコーに入団し、最初の演奏会は広上先生の『戦争レクイエム』でした。それからたった5年だけれど、そんな気がしないほど私にもたくさん想い出ができて充実した毎日です。

広上先生、素敵なメッセージをありがとうございます♪
あ、このポスター、スタッフブログ愛読者の方へのプレゼント…には致しませんのであしからず…!団の宝物ですもの☆(A)
posted by blogstaff at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景