2016年03月24日

メンデルスゾーンじゃなくて、メンデル。

hanamomo.jpg
突然ですが連想ゲーム。『マメ、ハエ、ネズミ』…皆さんは何を思い浮かべますか?

『エンドウ豆、ショウジョウバエ、ハツカネズミ』って書いたら、思い付く方がいるかもしれません。高校の生物で習う遺伝学の基礎で扱う生き物です。(ただし私はアラフォーなので、今の高校生はそんな題材ではなかったら、ごめんなさい)

組み合わせの計算で、シワシワの豆が生じる割合が判るなんて面白い!と思って、のちに大学で生物を専攻しました。ちなみに、生物専攻はそれがきっかけだと話したら、友人に『豆がシワでも丸でも、どうでもいいよ。』と笑われました。大抵の方はそうでしょうね(笑)。

なぜ、こんなことを思い出したかというと…。
我が家のお隣さんの家の前のハナモモが毎年見事なのです。今年もあと数日で満開になりそうです。このハナモモは1本の木に、赤、白(薄桃)の花が入り交じって咲きます。遺伝学をホンのちょっとかじった私、これが不思議でなりません。調べてみるとこれを『源平咲き』などと呼ぶそうで、納得のネーミングです。(ハナモモには単色のものもあります。)写真は数年前の4月初旬に撮影したものです。古い携帯で撮ったものだし、周りが写り込んでいたためトリミングして、写りもバランスも悪いですが、この色鮮やかに咲いているのが1本の木なのですよ。

この辺りではこのハナモモがほんの少し、桜に先駆けて咲きます。どちらも散ってしまう頃には、私たちは本番目前なのだなあと思います。
4月23日の本番まで、ちょうどあと1ヶ月。私たちも精一杯頑張って、花を咲かせられますようにと願っています。 (A)
posted by blogstaff at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2016年03月17日

置いてあったピアノ

 つい最近、ニュージーランドを旅行した時のことです。ホテルとかレストランとかに、ときどきピアノが置いてあるのを見かけました。レストランの通路とか、ホテルのエレベーターホールの近くとかです。「○時から○時までご自由にどうぞ」なんて書いてあります。ゲストあての表示です。ここで弾くなんて、なんとおしゃれなことだろうと思っていました。
 数日後、あるレストランでの昼食後のことです。どこかからピアノの音が聞こえてきました。添乗員さんが来て、「運転手さんが弾いていますよ」と教えてくれました。みんなで行ってみると、毎日バスを運転してくれている運転手さん(白髪のおじさん)がポップスを弾いていました。「日本の曲を」とせがむと、「上を向いて歩こう」を軽快に弾き始めました。もちろんみんなで歌いました。運転手さんもとても楽しそうでした。
 青い湖も、氷河の覆う山も素敵でしたが、文化の奥行きを感じたこのひとときも忘れられない思い出になりました。(et)
posted by blogstaff at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2016年03月06日

炎天下のカンボジア旅行

練習日の合間を縫ってカンボジアに行ってきました。
遺跡アンコール・ワット、アンコール・トム、巨木ガジュマルに埋もれていたタ・プロームなど、建築の大きさと精緻な浮き彫りの数々に圧倒されました。

朝5時に起きて、真っ暗なアンコール・ワットの参道を400メートル近く歩き、聖池付近で待ちわびた朝日が、中央祠堂に沿って先端まで到達する光景は、前日お堀端に坐って眺めた樹海に沈む夕日と共に、忘れられない想い出になりました。
シェムリアップの町は賑やかで、治安もよく、人々はやさしく、特にあちこちに見られた新しい学校に通う、真っ白なブラウスの元気な子供たちの姿が印象に残りました。

地雷で脚を失った人々が森の木陰で奏でる、澄んだ竹琴の音も耳に残っています。(U)
posted by blogstaff at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

ちょっと恥ずかしい練習法

最近、私は通勤が自転車から地下鉄になりました。満員なので大してすることも
できずどうしようかと考えていたところふと前をみると鏡のような状態になった
窓が。。。そこで、練習テープを聞きながら、ひたすらドイツ語の発音の時に注
意された口を動かす練習を始めました。うっかり声を出してしまわないように、
縦に開けるように。集中するのが口しかないので、できていないのがよくわかり
ます。
これは、座ってしまってはできません。でも、座ると楽譜を広げることができます。

周りの目を無視できるならこの練習できます。声さえ出さなければ意外とみんな
携帯見てますので周りは見てません。いかが?
                           8ch
posted by blogstaff at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景