2016年10月30日

*今年の紅葉は・・・・

2015GE植物園1.jpg2015GE植物園2.jpg2015GE植物園3.jpg
ぼつぼつ紅葉の便りも山のほうから届いてますね。
グリーンエコーでも、秋は有志による紅葉見物など屋外レクリエーションが企画されま
す。昨年は東山植物園に行きました。天候は曇で肌寒かったのですが、結構紅葉も堪能
できました。結構歩いたので日頃の運動不足も少しは解消されたかな。
当然合唱団ですから、ただ散策するだけではなく、ちょっとした広場に集まって皆で軽
く食べて歌って・・ということになります。楽しいのですが屋外でちょっと冷えるとい
う方も、続いて室内でアルコール付の夕餉が待っております。
紅葉そっちのけで夕餉から参加する人がいるのは、多分どこでも同じでしょうね。
今年もどこか企画されているようで、早くも下見イベントがあったとのこと。行き先が
どこかは内緒にしておきます。
なお、ワタクシの個人的な紅葉見物のおすすめは、午前7時50分の京都嵯峨天龍寺な
んです。この辺では、というと犬山寂光院もいいですが、ちょっと健脚が必要ですね。
いずれにしても、日の当たり具合を考えて客の少ない時間を狙うのがいいかと。(KI)
posted by blogstaff at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2016年10月25日

町内会 カラオケ部

 地元に無縁ではいけないと思って町内会のカラオケ部に入れてもらいました。毎月2回集会所でカラオケ部会が開催され20人くらい集まって、一人2〜3曲ずつみんなの前で熱唱します。大きなモニターとスピーカーが用意され、ちょっとしたステージもあります。有志のボランティア活動によって支えられおり、その方々の努力には頭が下がります。
 参加に年齢制限はありませんが、やはりお年寄りが多く演歌や歌謡曲が中心です。本当に歌の好きな人たちばかりで、おしゃべりしながら楽しい午後を過ごします。カラオケ教室に通っている方も結構いて、私たち合唱団員の心意気にも引けをとりません。80歳過ぎのハツラツとした昭和歌謡はなかなか聴けるものではありません。なかには合唱経験のある方もいらっしゃいます。私も含めそういう人は羨ましがられるのです。「声の出し方が違う」とか「この曲を歌ってみて」とか言われます。町内デビューして間もない私ですが、幸いにも居場所が見つかったようです。
 さて、これを読んだ、これから地域デビューをしようと思っているあなた、カラオケ教室に通おうか迷っているあなた、是非グリーンエコーを訪ねてみてください! きっとお役に立ちますよ。(et)
posted by blogstaff at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2016年10月20日

音の渦

12月の名フィルの演奏会のベートーヴェンの第九に向け、合唱を担う愛知県合唱連盟の一員として練習に参加しています。この第九に参加し始めて6年目になりますが、苦労していた箇所が知らぬ間に歌えるようになっていたり、新しく知ることがまだまだあったり、とても楽しいです。同じ曲を何年も繰り返して練習をするというのは、グリーン・エコーも含め、通常の合唱団の活動ではまずできないことです。グリーン・エコーで実践している、常に新しい曲を練習し、絶えず発信していくことの重要性とはまた別に、この第九では毎年、初心に帰って鍛錬し続けることの成果と喜びを感じています。どちらも合唱の醍醐味ですね。

さて、私は学生時代まで十数年、合唱をしていましたが、初めてオーケストラと共に演奏したのは、社会人になってから、ある合唱団で参加した第九でした。憧れだったオーケストラとの共演に感激しました。

その後、グリーン・エコーに入団してからはほぼ毎年、オーケストラと共に一つの曲を奏でる経験をさせて頂いています。団内で行っている合唱とピアノでの練習では、音が出来てきたと感じても本番数日前に初めて行うオケ合わせでは、聴きなれたCDとは異なって聴こえ、いつも私は本番の音が想像できなくなります。ゲネプロの段階でも、修正を繰り返し、そのたびに音色がどんどん変わっていきます。それでもお客様で会場が一杯になった本番はまた、音も感覚も異なります。言葉は若干まずいかもしれませんが、一発勝負の部分があるのも事実です。オーケストラも、私たちの多人数の合唱も一緒になって、一つの大きな生き物のように心から躍動できたと感じられる時は、最高の気持ちです。

本番のあの音の渦に巻き込まれている感覚は歌ってみなければ味わえません。是非、私たちと一緒に、その感覚を味わってみませんか?
まずはお問合せや見学を、お気軽にどうぞ。お待ちしています♪(A)
posted by blogstaff at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景