2017年03月21日

「カルミナ・ブラーナ」の練習始まる

10月に名フィル演奏会で歌うカール・オルフ作曲「カルミナ・ブラーナ」の練習が始まりました。グリーン・エコーでは、これまで「カルミナ・ブラーナ」を6回ほど演奏してきました。同じ曲の演奏回数としてはこの曲が最多です。私もこの曲が大好きで、なぜかグリーン・エコーにぴったりの曲という感じがしています。
「カルミナ・ブラーナ」は、11〜13世紀頃に書かれた詩にオルフが作曲したもので、まじめな教訓もあれば恋、酒、遊びなども歌われており、世俗的歌曲ともいわれています。日本語だったらちょっと恥ずかしいような内容もあります。リズムが躍動的でTVのコマーシャルなどでもよく聞かれるとても魅力的な曲です。
6月25日の第59回演奏会までは「カルミナ」は初心者向けの特別練習を行っており、7月から全団での本格的な「カルミナ」練習になります。私は過去5回の演奏会で歌っていますので「カルミナ」初心者ではありませんが、毎回、「カルミナ」の練習に参加しています。この素敵な曲を少しでも多く歌いたいからです。10月まで至福の時が続きます。このブログをご覧のみなさまもいっしょにいかがですか。(と)
posted by blogstaff at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年03月06日

梅が咲いた・・・

DSCF2172.jpgDSCF2175.JPGDSCF2178.JPG
熾烈を極めた「アレクサンドル・ネフスキー」が終わってみたら、我が家の庭の梅が咲
いていました。写真は2/26撮影したもの。
グリーンエコーも第59回定期演奏会シフトに本格的に突入、ロシア語が終わったら今
度はヘブライ語とか、英語(米語ではなく・・)とか、日本語式の癖は仕方がないとし
ても滑らかな活舌と汚い発音をしないよう、心がけないと。
自宅練習も必要になるので、団員各自工夫しているとは思います。あまり楽譜にかじり
ついていても面白くないので、大体楽譜さほど読めないので、日々記憶力が落ちる中、
少しでも覚える部分を増やしていかないと・・と思うのですが、他でも覚えることが多
いから大丈夫かしら(あ、あくまで個人の感想です。)・・・大体早口言葉って、やる
ほうは苦労するけど演奏上はあっという間に終わっちゃうので、まぁ笑ってしまいます
が、それなりに取り組まないと禍根が残るのも事実です。
さて本日3/4 とある京漬物のお店に行ったら、冬の名産「千枚漬」がなくなっていて、
その代わりに「菜の花漬」を買ってきました。気候の急変や花粉等、体がしんどくなる
ときもありますが、もう桜の季節も目の前です。いくつになってもこの季節は、これか
ら何が起こるのか、軽くワクワクします。(KI)
posted by blogstaff at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景