2017年12月17日

涙のあとには 虹も出る〜♪

DSC06617a_s_s.jpgDSC06660_s_s.jpg
今月、グリーン・エコーの有志で、2つの老人ホームを訪問しました。
この活動は3年前から季節ごとに続けてきましたが、今回は少人数の住宅型ホームに初めてお邪魔しました。
最初の曲『草原の別れ』ではすこし緊張しましたが、その後の全員合唱ではお一人おひとりの顔がよく見られ、懐メロ、冬の歌メドレーと曲が進むにつれ、歌に溶け込んで下さるのがよくわかり安心しました。
『ふるさと』に続くアンコールの『あゝ人生に涙あり』では、しみじみとこれは私たちへの応援歌でもあると実感することができました。
翌日昼過ぎ、北の空に虹を見ました! (U)
posted by blogstaff at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年12月12日

永遠の趣味 合唱

 来年10月にグリーン・エコーは名フィル演奏会マーラー交響曲第8番、いわゆる「千人の交響曲」に出演します。5年前に入団して最初のステージがこの曲だったので、当時使っていた楽譜には今以上の苦心の跡が残っています。パソコンにも当時の関連資料や記録が残してありました。その中には元パートリーダーのTさんによるパート別の練習音源もありました。今思うと、その苦労がしのばれます。
 Tさんは2年ほど前に亡くなられました。音源を作ったころはすでに闘病中でした。70代でありながらハイテクに強く、出席管理のデジタルデータなどスタッフ活動についてのイロハも教えてもらいました。音源もパソコンで作られたものです。私のパートであるベース分しか持っていないことと、間違っているところがあるのに元データがないので直せないということから、私が現在新たに作成しています。物事の困難さを知るには自分でやってみるのが一番であり、音源作成作業もこの例にもれず想像以上に大変です。特にマーラー交響曲第8番の楽譜はソリスト8人に第1コーラス、第2コーラス、児童合唱とパートが多いなど、ある団員にいわせると「変態な」楽譜で、苦労は倍増します。体調のすぐれないながらもすすんで作業してくださったことに今さらながら感謝です。
 Tさんの葬儀に参列しました。その棺の中には当時練習中だった次の主催演奏会の楽譜「ドイツレクイエム」も故人の遺志により入れられていたそうです。亡くなる直前まで合唱に取り組める、さらに黄泉の国でも合唱に取り組みたいなんて、何と幸せな趣味との付き合い方でしょうか。自らを顧みるとまだまだ中途半端です。Tさんの音源を聴いて背筋の伸びる思いです。(たぬき)
posted by blogstaff at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年12月01日

入団1年目

12月です。今年も残すところ、あと1ヶ月となりました。ここ最近は、仕事が忙しくて、グリーン・エコーの練習に、参加できない日々が続きました。新しい曲の練習不足がとても気になりながら、仕事漬けの毎日でした。

そんな中、11月18日、半日だけ休みをとって、サザンオ―ルスタ―ズの桑田佳祐さんのライブに行ってきました。会場となった名古屋ドームは、10代から70代ぐらいの人まで、幅広い年齢層のファンで埋め尽くされていました。友達がファンクラブに入っているので、幸運にも、私達の席はアリ―ナ席の中央。思う存分、素敵なひとときを過ごすことができました。そして翌日の日曜日、再び私は会社に出勤し、山積みの書類と格・・・。11月はそんな毎日でした。

私が、グリーン・エコーに入団したのは、今年の1月です。
ようやく1年が経とうとしています。合唱を愛する多くの方々と出会い、歌に限らず、いろいろなことを学ばせて頂きました。1年前の自分と比べると、人としても、幾分かの成長があったように思います。入団のきっかけは、ホームページを見たことでした。なぜか心惹かれるものがあって、見学に行き、そのまま入団しました。1年を振り返り、今思うことは、「グリーン・エコーに入団して良かった!」、この一言に尽きます。これからも、練習、頑張ります!(ま)
posted by blogstaff at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景