2018年01月26日

私の楽しみ

落語が好きです。豪華メンバー出演の年末落語は、電話かけ続けチケット取得。大いに笑い新年を迎えました。8日は大須新春寄席で初笑い。2月4日は志の輔独演会。志の輔も簡単にはチケット取れないので、とても楽しみです。最近は講談にも興味持ち、神田松之丞を応援しています。

波多野睦美さんリサイタル、名古屋3人(大にあらず・笑)テノールコンサートも楽しみです。
※3人のうちの1人である吉田志門リサイタル(中日新聞1月20日朝刊23面で紹介)を聴きましたが、とても素晴らしかったです。

予定は、夫と共有のカレンダーに書きます。木曜日はもちろんグリーン・エコーの練習日。ゴルフ一筋の夫に比べ 私の予定は様々な楽しみで賑やかです。

通っていた運動教室が不便な所に移転するため退会。年末、片道徒歩20分の教室に入会。同じサークル運動かと思えば似て非なり。違いを楽しんでいます。
消費カロリーが表示される会員証。毎日0時にリセットされ、運動した日は2千kcal超え 家でゴロゴロしてた日は……。数値を見るのも楽しみです。

楽しむ者に福来たれ!
何事も無理せず楽しみたいと思っています。 (あ)
posted by blogstaff at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2018年01月21日

ジャズの魅力

20代はジャズばかり聴いていた。それも、1950年代半ばから60年代半ばまでの、約10年間に演奏されたレコードが中心で、いわゆるジャズの黄金時代に演奏されたものである。名盤といわれるレコードを次々に買って、毎日大音量で浴びるほど聴いていた。くりかえし聴いたので、アドリブまで口笛で吹ける曲もある。私の好きなジャズミュージシャンは数多くいるが、中でもソニー・ロリンズ、マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーンは別格だ。他に、ビル・エヴァンス、アート・ペッパー、スタン・ゲッツ、セロニアス・モンク等が好きだ。

ジャズとクラシックの大きな違いは、ジャズのアドリブである。コード進行に合わせてテーマを展開していく。瞬時に作曲しながら演奏していくため、時に神がかり的な演奏になることがある。上記の人達の演奏はいずれも素晴らしいが、共通するのは、少し聴いただけで誰が演奏しているか分かるくらい個性的な演奏である。時に指がもつれたり、音程があやしかったりする場合もあるが、それらも含めて、演奏そのものの中に演奏者個人が直接感じられる。そこがジャズの魅力だと思う。

それぞれの年齢や生活環境に合った音楽があると思うが、20代の私にはジャズがぴったりと合っていた。30代以降、仕事が忙しくなるとともに聴きすぎて飽きてきたこともあり、ジャズを聴く機会は大幅に減った。その後、ほとんど音楽を聴かない期間を挟んで、ここ15年ぐらいは主にクラシックを聴いている。ジャズを聴くときもあるが、以前のようにのめり込んで聴くことはない。しかし、ジャズを聴いていると、40年ぐらい前の自分のことが思い出されて懐かしくなる。

やはり、自分にとっての音楽の原点はジャズだ。(ジャズを聴いていた頃の私に、「今、マーラーの交響曲第8番の合唱の練習をしている。」と伝えたら、きっと信じてもらえないと思う。)

(ヨッシー)
posted by blogstaff at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2018年01月14日

便利になりました

朝ご飯は何を食べていますか? 私はここ数年、仕事の都合で牛乳とバナナ。4年前からは米麹とお粥で作る甘酒が加わり、1年前から「自家製ヨーグルト+自家製甘酒+バナナ」が定番となりました。

甘酒は55℃〜60℃で8時間ほど発酵と、温度管理がちょっと面倒なんです。でも温度・時間が設定出来るヨーグルトメーカーがあると知って即購入。材料を混ぜて機械にセット、温度・時間を合わせてスイッチオン。すごく楽に作れるようになりました。もちろんヨーグルトも!

甘酒は、飲む点滴と言います。ヨーグルトもお腹に優しい。これからもずーっと続けていこうっと!
「甘酒」は寒い季節のものと思っていましたが、「夏の季語」なんですね。 (Q)
posted by blogstaff at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2018年01月09日

*来月はドイツ語の試験(個人的な話です。)

唐突ですが、ヨーロッパで認められるドイツ語の資格試験を名古屋でも受験できます。
 http://www.flc.kyushu-u.ac.jp/~de/oesd/  ただし、今度の試験(2月)の申込
は終わっています。
読解・聞き取り・作文・会話表現をすべてドイツ語で行うドイツ語の試験、いわばドイ
ツの「国語試験」(外国人用の)になります。私が今度受ける試験は下から2番目のA2
です。ほかの受験者は独文科などの大学生、それも女子大生が中心で、楽しい試験です
・・・じゃなくて学生さんにはそれなりに将来の目標があっての受験なので、それを邪
魔しないように当方もちゃんと勉強しないといけません。さすがに還暦を過ぎると、若
い人と同じ勉強方法は無理、下手な根性を出すより「続けば正義」をモットーにして、
勉強時間だけはたくさん使っております。
生涯目標としては、現在受験する資格(A2)より2段上の資格(B2)を取ること。ただ
試験に受かるのではなくて相応のドイツ語力を身に着けること、です。それではたして
何が見えるか、というより、還暦すぎてそんな資格を取る物好きになってみたいのです

とまあ偉そうなことを申しておりますが、実は最も簡単なA1は余裕で合格したものの、
A2試験では何度も落第しております。学生さんは大体一発合格するようです。当方、恥
ずかしくないこともないですが、その辺は鈍感力とやらで、ゆっくり行きましょうか。
今度の試験はうまくいくかな・・・(KI)
posted by blogstaff at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2018年01月01日

新春のお慶びを申し上げます

新しい年の始まりです。
個人的には、仕事が忙しかったこともあり、あっという間に過ぎた2017年でしたが、音楽に気持ちを切り替えられる場所があることが、とても幸せでありがたく感じられました。

私はこの1月からソプラノの中で、入団以来、7年間所属していた1(トップ)から2(メゾ)へ移ることになりました。子供の頃からグリーンに入るまでメゾソプラノに居ることが多かったので、本拠地に戻るような気持ちですが、久しぶりの新しい挑戦にワクワクしています。お正月休みは既に練習の始まっているマーラーの8番とペンデレツキのクレドを、メゾの音で取り直します。それもまた、楽しみです。

音楽に真剣に向き合える、明るい一年になりますように。
今年もグリーン・エコーをよろしくお願い致します。 (A)
posted by blogstaff at 02:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常風景