2020年06月28日

ひとり合唱動画にチャレンジ

グリーン・エコーの団員に団内指揮者が作成した動画が届き始めました。次回の演奏
会で演奏する予定のダン・フォレスト「ユビラーテ・デオ」の自主練習用動画です。
わかりやすく、とても練習しやすくなりました。まだ、途中までしか届いていません
が、楽しみです。それにしても、全曲、全パート分ですから、作るのはたいへんだっ
たろうなと団内指揮者に感謝!感謝!です。
さて、コロナ禍が続く中で、従来のような合唱ができるのはまだ先のようです。それ
でも合唱をしてみたいと思い、ひとり合唱の動画づくりにチャレンジしてみました。
ひとりで全パートを歌って、それぞれスマホで動画撮影します。四部合唱なら4回
歌って撮影します。それをパソコンで合成します。
パソコンでの作業はネットで調べてうまくいきましたが、むずかしくて楽しいのは、
やっぱり、歌う方です。録画ボタンを押すと緊張します。ステージでソロを歌う気分
ですね。とてもいい経験をした気がしました。できあがった作品は、ほめてくれそう
な友達に送りました。
次に、リモート合唱にチャレンジしました。数人の団員に参加してもらい、各自が自
宅で録画したものを、スマホの通信アプリで送ってもらってリモート合唱動画を作り
ました。久々の「合唱」に、みなさん、久しぶりにハモッて楽しかったー!など、大
感激。すぐに全員から、また次をやりたいとのメッセージが届きました。
早く、みんなで集まって声を合わせて歌いたい思いは増しますが、しばらくは、いろ
いろ工夫して別の合唱の楽しみもさがしていきたいと思います。(と)
posted by blogstaff at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年06月19日

パスポート

あと少しで有効期限切れとなるパスポートの更新手続きの為に6月初めに名古屋駅に出かけました。2月末に自粛を始めて以来、3ヶ月ぶりの外出です。
駅までは車。久し振りに車窓から熱田神宮や金山近辺を眺め、伏見に来た時には、何十年と当たり前のように出かけたグリーン・エコーの練習会場がすぐ近くに…と思いながら通り過ぎる。
駅で車を降りると、緊急事態宣言解除で、やはり人出はあり皆マスクをしている。手をアルコール消毒して入った旅券センターは、ありがたい事にガラガラでマイボールペンで書類に記入、すぐ手続き出来たけれど、持参した証明写真が却下され、写真を撮る事になる。
美容院に行けず自分で適当にカットした髪。「目を大きくあけ笑顔で」と言われ撮られた写真は、以後10年、私の証明となるのに本当に変な顔で落胆、でも紛れもない私の顔に苦笑い。
手続きを済ませ手をアルコール消毒して、センターを出る。普通ならどこかでお茶か食事なのに、脇目もふらず車に乗り込み真っ直ぐ帰宅。しっかり手を洗い、うがいをした。
パスポートの更新手続きはしたものの、いつになったら使う事が出来るのかしら。

景色は季節の移ろい以外は何も変わらないのに、私達の行動変化の何と多い事!と、しみじみ感じた1日でした。 (あ)
posted by blogstaff at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年06月14日

庭仕事

コロナがようやく収まってきた。通学する子供たちのにぎやかな声が聞こえてくる。お母さんたちの声も負けず劣らずにぎやかだ。なんだか嬉しい。そういう私は毎日、我が家の庭仕事に励んでいる。庭仕事と言っても大半が草取りだ。木々の下やフェンスの隅っこまで、体をかがめながら、あるときは這いつくばって草取りをやっている。汗だくで腰も痛い。でもこれが楽しい。以前は、草取りなんて誰かにやってもらいたいものと思っていたが、我ながらどういう心境の変化だろう。作業の後でこざっぱりした庭を眺めながら、缶ビールをグイっと飲み干す。これが実に美味い。ところで今回のコロナは65才以上の男性の死亡者が多いと聞いた。血液型がA型で且つ頭髪の薄い人がやばいとも言う。この条件だと今の自分に全て当てはまる。でも年齢、性別、血液型までは科学的だが頭髪の薄さはどうやって判定するのだろう。禿げが病気に影響するなんて、きっとフェイクニュースだと思っていたが、欧州で立派な論文として発表されているらしい。曰く、男性ホルモンの多寡に着目している由。コロナ関連ではただ不安をあおるだけの情報も多いが、科学的な探求がもっと進むことを望んでやまない。(はなパパ)
posted by blogstaff at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年06月04日

散 歩

 自宅周辺を散歩し始めてかれこれ2か月になる。家に閉じこもって極端に動かないのを反省して歩き始め、今は1日に7〜8千歩くらい歩いている。
 道すがら聞こえるウグイスの歌も段々うまくなっていく。つくづく長円寺会館での合唱練習が懐かしい。歩けばいろいろ心に浮かぶが、徳富蘆花の云う「歩して永遠を思うに足る」心境にはほど遠く、あれもしたい、これもしたいと煩悩が去来する。ひととき夢中になった昔の趣味を思い出して、碁石をつまんだり、ギターを出してきたり。気がつけば、やはり楽譜をにらんで声を張り上げている…。
 田舎暮らしなので散歩ですれ違う人も少ないが、病院やスーパーなど人の多い所へ心配しつつ出かけることもある。知らない人でもすれ違えば何やら懐かしいが、コロナウィルスへのやり切れない気持ちが募る。
 しかし、私には「歌う」という楽しみがあって本当に良かったと思う。この際、まずはカンツオーネをいくつか覚えよう そういえば、このところ近所のウシガエルもにぎやかだ…。
 (et)
 
posted by blogstaff at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景