2020年10月18日

あったか〜

朝晩はめっきり肌寒くなってきましたね。
夕方の気温が15℃以下になると、冬の定番料理の「鍋」を選ぶ人が増えるそうです。
先日、ちょっと寒かった日に「おでん」を作りました。大根・竹輪・蒟蒻・はんぺん・厚揚げ・卵・我が家定番の野菜と鶏ミンチを詰めた巾着袋。薄味のだしでコトコト煮て、好みで辛子と甘味噌をつけます。半年ぶりの「おでん」は身も心も温まりました。

ご当地鍋は47都道府県に必ず1つはあります。
さて愛知県は何か、といえば「ひきずり鍋」。 これは鶏肉を使ったすき焼きです。鶏肉(おすすめは名古屋コーチン)をそぎ切りにして、すき焼きと同じように作ります。名前の由来は、「鍋の中で引きずりあって食べた」とか「一度食べたら病みつきになる、引きずるほど美味しい」からだとか。他には八丁味噌で味を付けた鶏鍋もあり、〆は勿論きしめん。
そうそう、世界にもいろんな鍋がありますね。

鍋の美味しい季節になってきました。昨年の人気鍋第1位はキムチチゲ、2位は豆乳鍋、3位は寄せ鍋でした。貴方はどんな鍋が好きですか? (Q)
posted by blogstaff at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年10月11日

聴き逃しサービス

このところラジオを聴く機会が多い。といってもほとんどインターネット放送でNHKラジオの「らじる★らじる」を聴いている。しかもライブではなく、聴き逃しサービスを利用して都合の良い時間に聴く。これがまことに便利で、すっかり生活の中に定着してきた。
まず、語学講座。放送後一週間程度はいつでも何度でも聴けるので、ずぼらな私でも何とか続いている。途中で止める・戻す・繰返すが可能なため、聴き取りにくかった部分も確認できる。これなら今後も続けられそうだ。また、カルチャー系の番組も充実した内容だ。歴史、芸術、文学、科学など専門の先生方の講座を長期にわたって聴くことができる。NHKカルチャーセンターの講座をそのまま放送する番組もある。この内容が無料で聴けるのは申し訳ないくらいだ。先日は、次の(といっても2022年に予定している)演奏会で演奏する「ミサ・ソレムニス」の講座があったので聴いてみたが、大変参考になった。
カルチャー系の番組で私が楽しみにしているのは、「古典講読」の時間である。若いころは日本の古典文学にほとんど興味を持たなかったが、年齢のせいかここ数年は結構読んでいる。自分の能力では原文だけで読むことは困難なため、注釈と現代語訳が付いた本を読んでいるが、ぼんやりとした理解しかできず中途半端な感じがあった。この番組では専門の先生の解説と加賀美幸子アナウンサーの朗読で、一年を通して1〜2の作品をじっくり読んでいく。先生の丁寧な解説を聴いていると、現代語訳だけでは味わえない文章に込められた著者の思いが伝わってくる。また加賀美さんの落ち着いた朗読も良い。現在は「更級日記」の最終部分で、年度後半は「和泉式部日記」だ。この二つの作品は自分一人ではおそらく読むことはなかったので、良い機会を与えてもらったと思っている。昨年は「方丈記」で、随分以前に読んだことはあったが講座を聴いて理解が深まった。今後は、できれば「伊勢物語」を取り上げてほしいと思っている。能や歌舞伎などに取り上げられている段もあり、後代に影響を与えた作品である。一度は通読したが和歌の内容が充分理解できなかったので、専門家の解説を聴いてみたい。
今後、NHKは番組再編を検討するらしい。こうした貴重な番組は続けていただきたいと願う。(ヨッシー)
posted by blogstaff at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年10月07日

次はミサ・ソレムニス♪

通勤の車の中では朝晩、ワンシーズン、グリーンの演奏会の曲のCDをひたすらリピートして聴いています。前の演奏会の翌日から、その本番の朝まで聴いていることになりますが、グリーン・エコーの選ぶ曲は演奏機会の少ないものも多く、CDを探そうにも、入手可能なものは1種類しかないこともしょっちゅうです。

来年3月に予定していた演奏会の延期が決まり、『ユビラーテ・デオ』の練習はしばらくお休みとなりました。代わって、今から取り組むことになる2022年3月の第62回演奏会のベートーヴェン『ミサ・ソレムニス』はいろいろなCDを聴き比べることができます。カラヤン、バーンスタイン、さらにはトスカニーニまで巨匠の録音もたくさんあり、少しYouTubeなどで聴いていましたが、最近の録音を聴きたい気持ちになりました。

お恥ずかしい話、直感的に好きか、自分にすっと入ってくるか、ぐらいの感覚で取捨選択して聴いているので、語れるものは何もないのですが、比較的新しい録音を中心に、探しては注文…。次はミサソレだ!と思ってから一か月足らずで、手元には元々持っていた2枚も含め9枚(買いすぎ!)。大好きな第九でも数枚しか持っていないので、こんなことは初めてです。

で、肝心の車の中で、どれを聴くか…?まだ3枚、聴けていないものがあるのでマイベストは決まりませんが、現時点では、鈴木雅明さん指揮のバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)がかなり好みで、これに落ち着くような気がしています。元々BCJが好きなので、ひいき目(耳?)もあると思いますが…。

さぁ「それもいいかもしれないけど、これも素晴らしいよ!」と一押しのあるお方、ぜひ教えていただきたいです。そして、一緒に歌いませんか?
今は練習が休止で、見学もしていただけない状況ですが、こちらのホームページやTwitterでご報告しますので、晴れて練習再開の暁には、お問合せをいただければと思います。

実は、今年2月の61回演奏会の終演直後、入団を希望される方からお声をかけていただいたのですが、直後に練習休止となり、何もできずにいることがスタッフとして、とても気になっています。

合唱は、以前とは異なる様々な工夫は必要になると思いますが、近いうちに再び楽しめるものになると信じています。
団としても活動を継続していくための様々な検討を続けています。練習場や本番会場で皆さまにお会いできる日を目指して頑張っていきたいと思います。(A)
posted by blogstaff at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景