2017年01月30日

アレクサンドル・ネフスキー川瀬賢太郎先生練習

グリーン・エコーは来月24日〜25日、名古屋フィルハーモニー交響楽団第443回定期演奏会のプロコフィエフのカンタータ「アレクサンドルネフキー」に出演、合唱を担当します。
1月29日は名フィルの指揮者、川瀬賢太郎先生指導の初めての練習でした。休憩を挟んで2時間半の練習で、全曲通しの練習が出来ました。
33歳の若さが溢れた楽しい練習でした。合唱団でなく団員一人一人が主体的に歌うことを要求されました。各楽章ではどういう場面を歌っているのか、それをどう表現するかという説明をも情熱的に語り、指導されました。特になれないロシア語は難しく日頃の練習でも苦労しておりますが、指揮者も楽々指導しているわけではなく、毎日公演に向けて取り組んでおられるとのことでした。
結構長い時間の練習で、途中で立って歌ったりしましたが、終ってみると疲れは全くと言っていいほどありませんでした。楽しい練習は疲れないなと感じました。
WEBで検索した指揮者の紹介記事で「とにかくお互いが音楽的にリスペクトし合って、高めて行って、いつの間にか良くなっていたねっていう雰囲気作りができればいいと思っています」
と語られています。今回は短い期間ですが、指揮者、オーケストラ、合唱団がお互いにリスペクトしあっていい演奏会にしたいと思った次第です。(Full)
posted by blogstaff at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178604599

この記事へのトラックバック