2017年02月26日

この機会に感謝!

激闘の2日間が終わりました。
グリーン・エコーは名古屋フィルハーモニー交響楽団第443回定期演奏会に出演し、プロコフィエフのアレクサンドル・ネフスキーを歌わせていただきました。川瀬賢太郎先生の全身で躍動する指揮に導かれ、大編成の名フィルの情熱溢れる演奏に負けないように、舞台上の私たちも、精一杯歌いました。

激烈な戦場の大爆音、兵士の命がけの重苦しい緊張感、大切な人を失い大地を血に濡らす悲しみ、それを越えての勝利の喜び…。非常に感情の起伏の激しい曲のなかに、舞台に乗ったすべての人が入り込んでいたと思います。

練習を開始した頃、なかなか馴染みにくいと感じた曲調もロシア語も、これで最後となると実に心惜しく感じます。作曲者が楽曲に込めた思いを表現することが難しく大切だったのはもちろんですが、大音量のオケの演奏に合唱が太刀打ちできないような箇所や、どのパートにとっても音域が低く難しいフレーズが全体的に多く、合唱団としてそういったことを乗り越えるために、ずっと苦闘してきました。

こんなに大変だった曲もなかったと思うけれど、これもまた楽しく充実したワンシーズンでした。音楽って、こんなに楽しい、とまた思うことが出来ました。歌うことが出来て幸せです。

グリーン・エコーにとって、終わりは始まりです。私たちは、指揮の川瀬先生、そして名フィルの皆さんとも一緒にちょうど4ヶ月後、再びひとつの響きをつくることになります。次は6月25日、私たちグリーン・エコーの第59回演奏会です。この熱い気持ちをもう一度味わえるよう、精進したいと思います。(A)
posted by blogstaff at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178907863

この記事へのトラックバック