2017年04月01日

私のmusic source 戯言

スティーブ・ジョブズが残したiPhoneは音楽が好きな私には大変便利な道具だ。
iPhoneにインストールした音楽アプリから世界中の気に入ったインターネットラジオ
を選択し、スリープモードで30分位のタイマーをプリセットし枕元に置いて音楽を楽
しむ。
夜は主にジャズを聞きながら眠り、朝はバロック等のクラシックを聞きながら目を覚
ます。沢山のラジオ局から、その時の気分で曲目や演奏者を選ぶ。曲間のニュースや
解説では、英語、フランス語、ロシア語、ドイツ語などが聞こえ海外旅行の気分だ。
時間がある時は、昔のLPレコードを古いプリメインアンプ経由で38cm口径スピーカー
を鳴らして聞いている。iPhoneのラジオやYouTubeもBluetooth無線で自宅のルーター
を経由し自分の寝室のNetwork Playerへ無線接続で飛ばし38cmスピーカーからiPhone
musicを聞いている。
こういう方法はiPhoneの無い時代には全く予想が出来なかった音楽の聴き方だ。私は
昔のオーディオシステムを通信環境が大きく変わった今も少し組み直して音楽を楽し
んでいる。勿論CDやカセットテープも聴ける。手軽さではiPhoneやCDは一番便利だ
が、LP音源も捨てがたい。LPはやはり一番イイ音質で聞けると思う。クラシックも
JAZZも演歌もフォークも。
若い時にはアンプの周波数特性とか音質の柔らかさとか、どこのスピーカーがどうと
かこーとか問題にしていたが、最近は自分の耳の高周波能力がかなり落ちているし、
昔の様にオーディオ論議する仲間もいないから問題にならない。
また昔大枚を叩いて買ったTANNOY speakerの低音ウーハー部が左右チャンネルとも破
れて使えなかったが、webからウーハー張替え業者を探して修理にしてもらい、今は
元通り稼働している。REUSEが当たり前の昨今だが、自分が大切にしていたマシンが
今も使えるのは嬉しい。
合唱練習が間に合わない時は電車に乗った時にiPhoneに練習曲を入れておきヘッドホ
ンで聞いて練習している。たまに電車にゆられて寝てしまう時もある。難しい曲も結
構あるから、どこかで練習していないと仲間について行けない。楽しむためにはいつ
も頑張るしかない。(nv)
posted by blogstaff at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179273118

この記事へのトラックバック