2017年08月25日

*愛知県合唱連盟、年末の第九のオーディション

09京都東寺1.jpg
8月も下旬になってきました。お盆休みが終わって街にも活気が・・・と言いたいとこ
ろですが、真っ赤なサルスベリが咲いているのを見ると、「どうしてあんなに元気なん
だろう」とつくづく思う今日この頃、そういえば、今年はツクツクホウシがまだ少ない
ようですね。
ところで、私、お盆休み少し前ですが、愛知県合唱連盟が担当する年末の名古屋フィル
の第九のオーディションを受けてきました。
グリーン・エコーのような常設の合唱団だと、とにかく入ってもらって毎回の練習や団
内行事や演奏会をこなす中で、団内での役目も自ずと決まってくるし、お互いの成長に
もつながるわけですが、このような「臨時編成」の合唱団だと、ご自身の個性?だけで
通してしまうこともできるので、合唱団としてのまとまりを持たせるためのオーディシ
ョンかと個人的には考えています。
実は今年のグリーン・エコーの場合、10月上旬の名古屋フィル定期の「カルミナ」が
終ると、あと翌年6月の合唱祭までステージがなく、また個人的にも参加時間ができた
こともあって、今年はやってみようと思いました。
オーディションの課題は「第九」の一節ですが、そんなに難しくない部分。ただ、先生
方が居並ぶ前で一人で歌うわけで、なんかお白砂に引き据えられて、「追って沙汰を待
つように」そんな感じなんですね。通知葉書が来るまでは少々ドキドキしました。ただ
個人的には、たまにはこういうのもいいかな、とか思いました。(一応合格しました。

グリーン・エコーでも大昔この第九に参加したことはあります。ベートーヴェンとして
はもっと難曲である「ミサ・ソレムニス」も何度か演奏会で取り上げています。
滅茶苦茶しんどい曲(ある人いわく「歌う側の受難曲」)ですが、何年かたつとまたや
りたくなる曲ではありますね。(KI)
posted by blogstaff at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180780168

この記事へのトラックバック