2017年09月25日

「カルミナ・ブラーナ」小泉先生練習

 きょう(9月24日)は、名フィル「カルミナ・ブラーナ」演奏会の指揮者、小泉和裕先生による練習でした。小泉先生には2008年にグリーン・エコー第51回演奏会で「春の交響曲」の指揮でお世話になって以来です。お久しぶりって感じでした。
 最初に、小泉先生から「カルミナ・ブラーナ」は言葉がたくさんあってたいへんですがその言葉で曲の表情を作っていきましょう、いまから作り直しますというお話がありました。
 そして練習が始まり、私たちが何ケ月もかかって作りあげてきた曲のイメージが、小泉先生の言葉、指導によって、別の色づけがされ別の音楽に生まれ変わっていきます。じつは、この瞬間が好きで、毎回、ワクワクします。まるで魔法を体感しているようでとても楽しい時間です。
 きょうは先生の言われることは理解できてもそのように歌えない箇所もいくつかありました。特に、先生は、私の属するテノールが歌うある箇所の表情を気にされていました。本番までの宿題です。
 これまで、歌詞をちゃんと発音したりテンポが遅れないように歌うのに必死なところもありましたが、もっと曲の表情を大切にしていきたいと思います。本番まであと2週間、体調に気を付けながら、最後の追い込みがんばります!(と)
posted by blogstaff at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181102350

この記事へのトラックバック