2017年10月31日

*ドイツ語の曲を歌うときに思うこと。

今私が参加している愛知県合唱連盟が組織する名フィルの第九や、来年10月に名フィ
ルの定期に出演するために最近練習が始まったマーラー「千人の交響曲」、その第二部
などは、ドイツ語の歌詞なのですが、このドイツ語が今日のお題。
ドイツ語というと、基本大体ローマ字読みなのですが、特有の変な字も混ざっているし
、英語読みに幻惑されやすいのでとっつきにくいイメージはあると思います。
グリーン・エコーでは、ひとまずカタカナ読みの資料を配布して各自のお勉強の手助け
にするのですが、カタカナ読みでは表現しきれない発音など、実際の練習ではより高度
な発音や表現を求められることもあります。わぁそんな難しいと思われるかもしれませ
んが、合唱団というのは誰かができるようになると周囲に「伝染」していくもので、取
り組んでいくうちに徐々にできるようになっていきます。
ドイツ語での発音表現となると、どうしてもかの昔の独裁者の演説を連想してしまいま
す。控え目をもって美徳とする日本人には、少し嫌悪感を感じさせるくらいの子音の強
調表現をやらないと、客席まで届かないのです。
還暦の手習いでドイツ語を勉強しているわが身からすれば、歌詞の持っているリズムや
響きはちゃんと意識して表現したいものだと思ってます。「第九」のシラーの詩は広く
口遊むように作られているのかリズムがわかりやすく、「千人」のゲーテの歌詞はよく
読んでみると言葉の響きだけでも格調を感じるので、ともに練習のしがいがあります。
<追加>
これを書いているのは10/30 なのですが、11月からグリーン・エコーではペンデレツ
キ「クレド」の練習が始まります。ひとまず楽譜をめくりながらCDを通し聴きしてみる
と、確かにコロコロ転調はするものの案外聴きやすい曲ではあります。再来年3月まで
これでお楽しみができると思うとちょっと興奮してます。こちらはラテン語(+ポーラ
ンド語)です。(KI)
posted by blogstaff at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181446416

この記事へのトラックバック