2018年02月26日

平昌五輪のフィギュアスケート

先日の土曜日「ソプラノパート会議と食事会」に出席しました。4月の総会を前にして、ソプラノの2017年度の活動を振り返るためです。出席者全員で2時間にわたって活発に意見を交換しました。
そのなかで今年度6月にグリーン・エコーが歌った カール・ジェンキンス作曲『The Armed Man(平和への道程)』 が、カナダのフィギュアスケート選手に使用されていたことが話題になりました。
YouTubeで見ると、今年1月の四大陸選手権に出場した ケヴィン・レイノルズ選手で、「Sanctus」「Benedictus」「Better is Peace」で構成されていました。
それならと NAXOSの 平昌五輪フィギュアスケート 使用曲プレイリストを検索すると、男子シングルにやはり私たちが今年度10月の名フィル定期演奏会で歌った、カール・オルフ作曲『カルミナ・ブラーナ』(O Fortuna、Fortune plango vulnera )が載っていました。
2曲とも素敵な曲なのに、練習を始めると難しく、特に『カルミナ』は何度も歌っているベテランメンバーになかなか追いつくことができませんでした。練習の苦労も含めて忘れられない思い出です。
今年に入ってソプラノも個人ボイストレーニングが始まり、それを聞きあうことによって、より仲間意識が深まったように思います。パート会議、食事会(25品目食べ放題・飲み放題!)での話し合いの結果を生かして、次のマーラー作曲『千人の交響曲』ではオリンピック選手のような晴れ晴れとしたコメントができるようにしたい、と思っています。(U)
posted by blogstaff at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182521251

この記事へのトラックバック