2018年03月26日

♪わたしゃあんたにほれとるばい♪

久々の日本語の曲が、先々週から始まりました。 アカペラによる二つの熊本県民謡
「五木の子守唄」と「おてもやん」です。 この2曲は、6月9日・10日に行われる愛
知県合唱連盟主催の第57回合唱祭で歌う予定です。

そう、この曲はあの岡崎高校コーラス部が、2008年の「世界合唱大会」(旧称コーラ
スオリンピック)で金賞とチャンピオンに輝き、スタンディンクオベーションを受け
た曲なんです。 YouTubeで岡崎高校の演奏を聴きました。透き通ってまとまった声、
若さ溢れる切れの良い素晴らしい演奏でした。「五木の子守唄」の編曲はリズム・和
音がジャズっぽく、とても楽しい感じです。年月を重ねた私たちは大人の魅力をどう
表現するか…

当面は、マーラー・ペンデレツキ・民謡を並行して練習するので、ラテン語・ドイツ
語・日本語が頭の中をグールグル。どの言語もそうですが、特に日本語はどうしたら
はっきりと、しかし自然に聞こえるのか。なかなか難しいですが、ワクワクもします
ね。 (Q)
posted by blogstaff at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182805899

この記事へのトラックバック