2019年05月18日

京都で「一遍聖絵」を見てきました。

scan0026.jpgscan0032.jpg
新緑の京都に行ったついでに、京都国立博物館の特別展「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝
」(4/13-6/9)を見てきました。
メインの一遍聖絵は、一遍の時代(鎌倉時代)の画家の筆による巻物で、部分拡大した
ものは教科書や図版集やテレビの解説でおなじみですが、今回展示室では俯瞰でも見ら
れます。「死」「穢れ」といったものが今より身近にあった時代に、人々が救いを求め
て歌い踊った様子がリアルに描かれていて、当時の空気が直に伝わってきます。
博物館を出ると、当時の空気が今につながっているような気分になりました。少し感慨

ワタクシも何か救いを求めて歌っているのかも・・とか考えていました。(KI)

写真は京都国立博物館のお庭と京都市内某所
posted by blogstaff at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186014477

この記事へのトラックバック