2019年08月31日

日本語の歌

グリーン・エコーの第61回演奏会は、来年2月13日(木)に行われます。今回は、全曲、日本語の歌です。

日本語ならば、普段から話している言葉なので、練習も簡単だろうと思っていました。でもすぐに、その考えは大きな間違いだったと、思い知らされました。

日本語だからこそ、歌詞の意味をより深く理解し、ひとつひとつの言葉に込められた思いや、フレーズをどう表現して歌うのか、試行錯誤の連続です。また、歌うための基本的な技術も、いつも以上に必要とされている気がします。

それでも、毎週木曜日の練習は、充実感と楽しさで、いつもあっという間に時間が過ぎていきます。もっと歌いたかったなあ、と思いつつ、練習が終わります。自宅で楽譜を見直して、練習録音を聞き返す日も、次第に増えてきました。

もっともっと上達したい、その気持ちを大切にして、これからも練習に取り組みたいと思います。(ま)
posted by blogstaff at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186498384

この記事へのトラックバック