2019年09月10日

北アルプス薬師岳に登ってきました

20190908_100417a.jpg
台風10号で延期していた、恒例の我が家の夏の登山で、北アルプスの薬師岳(2,926m)に行ってきました。直前に台風15号が発生し、あわや中止かと思われたのですが、山の神様が味方についてくれたのか、素晴らしい天候に恵まれました。

薬師岳は北アルプスの北部に位置し、古くから信仰の山として地元の人々に登られていたところです。頂上からは、左手から順に剱岳、立山、後立山連峰、雲ノ平、黒部五郎岳などが間近に迫り、少し遠くには槍・穂高連峰が見渡せ、素晴らしい眺望を楽しむことができました。登山歴はそれなりにあるのですが、毎回登りはとてもしんどく、こんな思いをしてまでどうして山に登るのかと思うのですが、頂上に自分の足で立った時の感動は、なにものにも勝ります。私にとっての登山は、雄大な大自然を前に、自分がちっぽけなことを思い起こす時間であり、また、日常の喧騒から離れ、大自然の静寂の中に身を置き、我が身を振り返る時間でもあります。そうして、もう一つ、どんなにゆっくりでも、一歩一歩自分の足で大地を踏みしめていけば、必ず、いつかは目的地に着く、というのも、私が登山を好きな理由です。(写真は、薬師岳山頂から剱岳、立山を望んだものです)

実は、グリーン・エコーでも、何年か前まで「みどり組」という、登山などのアウトドアを楽しむ有志のグループがありました。今でも一部の人たちが登山を楽しんでいますが、登山以外にも、ゴルフを楽しむ仲間や、音楽会へ一緒に行くグループ、食事会でおしゃべりを楽しむメンバーなど…、木曜日に一緒に歌うだけでなく、それぞれに人の輪が広がっています。グリーン・エコーは、年齢や職業がさまざまな150人もの集まりですから、趣味や気の合う仲間もいるはず。パートを超えて、そんな仲間を探すのも、グリーン・エコーの楽しみ方かもしれません。(M)
posted by blogstaff at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186541080

この記事へのトラックバック