2019年09月24日

ラップの動画を視聴して

先日、動画投稿サイトでラップの動画を視聴しました。もちろん、台所に置いてある物ではなく音楽の方のラップです。普段聴いている曲のほとんどが合唱曲である私ですが、ラップを題材とした動画がSNS等で話題となっていて、以前なら見向きもしなかったであろう曲を聴いてみた次第です。ラップに関しては全くの素人である私ですが、歌詞の押韻(特に脚韻)の多さに驚きました。やや乱暴な歌詞もあるのですが、凄いスピードで韻を踏んでいく様子がとても印象的でした。

ラップに限らず、言葉のリズムを楽しむ文化というものは様々な文化圏で見られる気がします。特に押韻について考えてみますと、私が思いつくのは高校生の頃に古典の授業で習った漢詩(近体詩)と、シェークスピア等の作品が有名な西洋のソネット(十四行詩)です。これらには押韻の規則が厳格に決められているという共通点があり、これらを初めて知ったときには、似た性格の文芸が異なる文化圏で成立したということを大変興味深く思いました。

ところで今年のNHK全国音楽コンクール(Nコン)の、高校の部の課題曲はご存知でしょうか?「僕が僕を見ている」(詞 川村元気、曲 岩崎太整、編 横山潤子)という曲ですが、曲中にラップのように歌う部分があり、楽譜にも「Rapを意識した表現で」との注釈があることが話題になりました。もうすぐ全国コンクールの時期ですので、私もテレビで視聴したいと思っています。

(ユ)

posted by blogstaff at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186598720

この記事へのトラックバック