2019年10月07日

ラグビーワールドカップ

日本で初めて開催されるラグビーワールドカップ。こんな機会は一生に一度しかないと思い、豊田スタジアムで行われる4試合分のチケットを入手した。その3試合目が10月5日に行われた日本対サモアの試合で、日本は4トライにより3勝目を飾った。最後の2つのトライは私の席のすぐ近くになされたもので、観ている方まで力が入ってしまった。声援のし過ぎで翌日の合唱練習ではうまく声が出なかったほどだ。

それにしても日本チームは強い。4年前の南アフリカ、今回のアイルランドと強豪を続けて破り、他のチームにも確実に勝利を重ねている。私は中学から7年間ラグビーをしていたが、その頃は、日本が外国チームに普通に勝てるとは考えもしなかった。今の日本チームの集散の速さ、確実なタックル、素早く緻密なパス回しは、世界でもトップレベルだと思う。50年来の夢が叶い、私は心底うれしい。
ここまで来たからには、13日のスコットランドにも勝利して決勝トーナメントに進み、願わくば優勝までいってほしい。今の日本チームなら充分期待できる。

さて、マスコミではトライの瞬間がとりあげられることが多いため、トライした選手に光があたってしまうが、そこまで持っていった15人全体の頑張りが素晴らしいのである。前に投げられないルールの中で、ボールを1メートル進めるにも大変な苦労がある。タックルを受け上にのしかかられても、ボールをつないで少しずつ前進する。良いタイミングで横に展開して、相手をかわしてトライをとる。選手全員がそれぞれの役割をしっかりと果たして、その力を結集した結果がトライとなるのである。私はラグビーの試合でドラマを観ているような感動を覚える時がある。

往年の名選手であり日本代表監督であった宿沢広朗さんと平尾誠二さん。お二人とも早世されてしまったが、日本チームの活躍をご覧になったら、どんなに喜ばれたであろうか。それを思うと胸が熱くなる。 (ヨッシー)
posted by blogstaff at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186657232

この記事へのトラックバック