2019年10月20日

ベースは近野先生

ベースは今年からバリトンの近野賢一先生にボイストレーナーをお願いしています。先生は長期のドイツ留学で研鑽を積まれ、現在は大学で指導もされる一方、オペラ出演やリサイタル開催など多方面でご活躍されている素晴らしい若手演奏家です。
8月28日の初回が全体練習。今は待望の個人レッスンが始まっています。20分/人。第2回/9月12日、第3回/10月17日、第4回/11月28日。
先生からは「腹筋ではなくて横隔膜を活用すること、高い位置をキープすること、そして何よりも息を吐き続けること」等々の指導を受けています。「音程を探っていてはいけない。勇気を持って、息を吐き続けることが大切だ」とも教えられました。先生のみぞおち付近に手を当て、発声中の先生の体が実際どんな動きになっているかの体験学習もありました。私も触れてみましたが、思っていたよりも柔らかくてとても弾力性のある動きに感動しました。この様に素晴らしいプロの先生による個人レッスンを受けられる仕組みがグリーン・エコーにはあります。
またベースは、今年からネットを利用して個人レッスンの時間帯の案内が配信されてくるし、パート強化練習日程も早々に決まっていて、従来よりもシステム的な運営に改善されてきています。先生からは「もっとお互いに聴きあうこと、また、呼吸は、フレーズが始まる前の休符のタイミングから合わせるように」との指摘も受けています。快進撃の日本ラグビーはワンチームですが、ベースの目指すところはワンボイス。「今日のベースはいいね」とたまに言われることがありますが、いつの日か「今日もベースはいいね」と言われるようになりたいものです。(ハナパパ)
posted by blogstaff at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186705404

この記事へのトラックバック