2019年11月25日

来年2月13日のブログ

グリーン・エコーのこの団員ブログは、何人かの担当者で交代で書き綴っていて、概ね1週間に1回のペースで更新しています。
先日、これからの担当スケジュールが決まり、なんと、来年2月13日の担当が私になりました。そう、来年2月13日はグリーン・エコー第61回演奏会の当日です。演奏会が終わってどんな感想が書けるのか、今の段階ではとても想像できず、不安な自分がいます。

私は、グリーン・エコーに入団して31年目。この間、ほとんどのステージにのって、歌ってきましたが、団内指揮者での演奏会は数えるほどしかありませんでした。今度の第61回演奏会は、「団内指揮者で歌う」そして「オーケストラではなく、ア・カペラやピアノ伴奏で歌う」という点で、いつもと違います。
いつもだと、本番指揮者の練習で、団員の中に緊張が走り、そこから本番までは階段を上がるように、曲づくりも、気持ちも盛り上がっていきます。今回は普段の団内指揮者の練習が、そのまま演奏会につながっていくので、演奏会までのテンションの上げ方が違います。そしてオーケストラのような厚い音の伴奏がない点や、母音が浅くなりがちな日本語という点でも難しく感じます。

しかし、今回は私達が歌い継ぎたいと思う歌を集めた演奏会です。何としてでも、聴いていただくお客様に私たちの思いを届けたいと思います。
声の張りでは、若い人達に敵わない。音程の正確さも訓練を受けた人達に敵わない。でも、それぞれに彩り豊かな人生を経てきた団員により構成されるグリーン・エコーだからこそ表現できる何かがあるのではないか…、毎週毎週歌いたくて集う140人が、同じ時間を共有しているグリーン・エコーだからこそ、思いを一つにして、今回の演奏会も作り上げることができるのではないか…、と思います。

本番まで、あと2ヵ月半。来年2月13日の演奏会を終えて、「思いを込めた演奏会ができた」とブログに書けるように、みんなで気持ちと声を合わせて、練習に励みたいと思っています。(M)
posted by blogstaff at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186842961

この記事へのトラックバック