2019年12月11日

名古屋のホール事情

image.jpg
ただ今、2泊3日で大阪に来ております。残念ながら観光などではなく、資格試験を受けるために来ております。というのも、今回私が受ける試験は、会場が東京と大阪のみに設置されており、名古屋では受験できないからです。このように、イベント等が他の都市で開催されて名古屋では開催されない現象を、かつて名古屋駅を通過した新幹線になぞらえて「名古屋飛ばし」と呼ぶようです。愛知県で生まれ育った私としては、何とも寂しい言葉です。

音楽に関するところでは、相次ぐ改修工事のために名古屋市内で使える大規模ホールの数が減り、「名古屋飛ばし」の流れが加速するのではないか、という危惧があります。実際、グリーン・エコーの演奏会のホール選びも難航していました。一方、ホール事情に関して名古屋が優れている点もあります。それは、中小規模のホールの数が多いことです。ほぼ全ての区に設置されている文化小劇場に加え、私営の音楽ホールも複数あり、とても充実しているように思います。中小規模の合唱団をはじめとして、多くの芸術系団体が発表の機会を作りやすい環境にあるというのは、名古屋の大きな魅力の一つではないでしょうか。

さて、私は残りの試験も頑張りたいと思います。写真は、1日目の試験後に、大阪の商店街で食べたたこ焼きです。本場の味をいただきました。

(ユ)
posted by blogstaff at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186906363

この記事へのトラックバック