2020年06月04日

散 歩

 自宅周辺を散歩し始めてかれこれ2か月になる。家に閉じこもって極端に動かないのを反省して歩き始め、今は1日に7〜8千歩くらい歩いている。
 道すがら聞こえるウグイスの歌も段々うまくなっていく。つくづく長円寺会館での合唱練習が懐かしい。歩けばいろいろ心に浮かぶが、徳富蘆花の云う「歩して永遠を思うに足る」心境にはほど遠く、あれもしたい、これもしたいと煩悩が去来する。ひととき夢中になった昔の趣味を思い出して、碁石をつまんだり、ギターを出してきたり。気がつけば、やはり楽譜をにらんで声を張り上げている…。
 田舎暮らしなので散歩ですれ違う人も少ないが、病院やスーパーなど人の多い所へ心配しつつ出かけることもある。知らない人でもすれ違えば何やら懐かしいが、コロナウィルスへのやり切れない気持ちが募る。
 しかし、私には「歌う」という楽しみがあって本当に良かったと思う。この際、まずはカンツオーネをいくつか覚えよう そういえば、このところ近所のウシガエルもにぎやかだ…。
 (et)
 
posted by blogstaff at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187560864

この記事へのトラックバック