2020年10月07日

次はミサ・ソレムニス♪

通勤の車の中では朝晩、ワンシーズン、グリーンの演奏会の曲のCDをひたすらリピートして聴いています。前の演奏会の翌日から、その本番の朝まで聴いていることになりますが、グリーン・エコーの選ぶ曲は演奏機会の少ないものも多く、CDを探そうにも、入手可能なものは1種類しかないこともしょっちゅうです。

来年3月に予定していた演奏会の延期が決まり、『ユビラーテ・デオ』の練習はしばらくお休みとなりました。代わって、今から取り組むことになる2022年3月の第62回演奏会のベートーヴェン『ミサ・ソレムニス』はいろいろなCDを聴き比べることができます。カラヤン、バーンスタイン、さらにはトスカニーニまで巨匠の録音もたくさんあり、少しYouTubeなどで聴いていましたが、最近の録音を聴きたい気持ちになりました。

お恥ずかしい話、直感的に好きか、自分にすっと入ってくるか、ぐらいの感覚で取捨選択して聴いているので、語れるものは何もないのですが、比較的新しい録音を中心に、探しては注文…。次はミサソレだ!と思ってから一か月足らずで、手元には元々持っていた2枚も含め9枚(買いすぎ!)。大好きな第九でも数枚しか持っていないので、こんなことは初めてです。

で、肝心の車の中で、どれを聴くか…?まだ3枚、聴けていないものがあるのでマイベストは決まりませんが、現時点では、鈴木雅明さん指揮のバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)がかなり好みで、これに落ち着くような気がしています。元々BCJが好きなので、ひいき目(耳?)もあると思いますが…。

さぁ「それもいいかもしれないけど、これも素晴らしいよ!」と一押しのあるお方、ぜひ教えていただきたいです。そして、一緒に歌いませんか?
今は練習が休止で、見学もしていただけない状況ですが、こちらのホームページやTwitterでご報告しますので、晴れて練習再開の暁には、お問合せをいただければと思います。

実は、今年2月の61回演奏会の終演直後、入団を希望される方からお声をかけていただいたのですが、直後に練習休止となり、何もできずにいることがスタッフとして、とても気になっています。

合唱は、以前とは異なる様々な工夫は必要になると思いますが、近いうちに再び楽しめるものになると信じています。
団としても活動を継続していくための様々な検討を続けています。練習場や本番会場で皆さまにお会いできる日を目指して頑張っていきたいと思います。(A)
posted by blogstaff at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188003913

この記事へのトラックバック