2020年11月21日

次の演奏会はベートーヴェン「荘厳ミサ」

先日、グリーン・エコーのスタッフからベートーヴェン作曲「荘厳ミサ」の楽譜が郵送されてきました。
当初、来年の春に予定していたダン・フォラスト「ユビラーテ・デオ」は2023年に延期され、この「荘厳ミサ」が2022年3月で直近の演奏会になります。
「荘厳ミサ」はベートーヴェンの晩年、「第九」と同じころに作られた曲です。
私は、過去に、この曲をグリーン・エコーで2回歌いました。今回は3回目になります。以前に歌ったときの印象は、むずかしい、音程が高くてたいへん、長くて体力が持たない、でも、とてもしっくりと曲に入り込めるし、ワクワクしてくるという感じです。
前回の2007年のグリーン・エコーの演奏録音を聞いてみました。手前みそですが、なかなかいい感じです。ワクワク感がもどってきそうです。
ヨーロッパでは年末などによく演奏されると聞いたことがあります。日本では、大曲過ぎるからか、あまり演奏されるのを目にしません。このような素晴らしい大曲に三度目のチャレンジができる幸せを感じています。同時に、声や体力を鍛えなおさなきゃいけないなという課題も!
ワクチンを始めとする新型コロナ対策が間に合うことを願うばかりです。(と)
posted by blogstaff at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188146868

この記事へのトラックバック