2021年03月26日

夏みかんとギャラリー

毎年春先になると小牧在住のアルトの友人が、庭や親戚の果樹園で採れるたくさんの夏みかんをグリーン・エコーの練習会場に持参、皆でありがたく頂いていました。
今年は練習中止で諦めていたら、何と春日井で落ち合い分けて貰える事になりました。
自粛以来、名古屋から出た事のない私は躊躇したけれど、「2階をギャラリーにしたから見に来て」と、前から誘われていた春日井の友人宅にも寄る予定とわかり、出掛ける事にしました。
JRやマイカー等で総勢9人(中には一年ぶりに会う人も)、春日井に集合。夏みかんを分けて貰い、それぞれのリュックへ。まるで買い出しみたいです(笑)
近くのお店でお茶とマスク会話を楽しみ一旦解散。まだギャラリーを拝見していないJR組の5人は、車に乗せて貰い友人宅に向かいました。

2階の右のお部屋は93歳になられるお母様のたくさんの書、100作にものぼる俳句集等の力作が展示されています。
左のお部屋には友人の絵手紙、革細工、木彫り、家族写真等が展示されていて、どの作品もとても素晴らしいです。
芳名帳には、多くの名前とメッセージが書いてあり、それを読んだお母様が大変喜ばれ、また新しい書や俳句に取り組む熱意になるそうです。作品もさることながら家族愛溢れるギャラリーには本当に感動ですリビングでお茶を頂き、しばしマスク会話を楽しみ帰宅しました。

私には、自粛後初の名古屋市外とJR。
久々の集いでグリーン・エコーの仲間に会えた楽しくて有意義な、夏みかんとギャラリーツアーでした。(あ)
posted by blogstaff at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188523921

この記事へのトラックバック