2023年01月26日

めざせ暗譜!

3月4日のグリーン・エコー第63回定期演奏会まで、正味1か月となりました。実は、今回演奏するカール・ジェンキンスの「グローリア」の3曲目には手拍子をするところが2か所あります。練習を始めた頃、「楽譜を持ちながら手を叩くことはできないのだから、その間だけ楽譜を脇にでも挟むのだろうか、それにしてもほとんど暗譜しないといけないのか」と不安に思っていたところ、12月になると、音楽委員会から、「今回の演奏会は暗譜を目指そう」という呼びかけがあり、少なくとも「グローリア」の3曲目は暗譜するということになりました。
さあ大変です! 何度も歌っていると自然に音と歌詞が覚えられる曲もありますが、そのような曲でも細かい音の長さや強弱、他のパートの動きなど、すべてを覚えるのは難しいので、今までも暗譜で臨んだ本番は少なく、自分のパートはほぼ覚え、でも楽譜は持って歌う演奏会が多かったのでした。しかも、「グローリア」の3曲目の歌詞はなんとヘブライ語!
6回、同じ音程が繰り返されるのですが、歌詞によって全く違うメロディのようになっていて、とてもハードルが高い。例えば、「ハレルヤ(フ)」というところでも、「ハレルーヤーー」だったり、「ハーーレルーフ」だったり、まったく頭が混乱してしまいます。

ある日の練習の帰り道で、同じ方向に帰るメンバーに「とても覚えられる気がしないわ」とぼやいたら、その人は「100回やってできなくても、200回やればできるかもしれない」と、とても積極的です。そこで、私も考えを改め「頑張らねば…」と奮起しました。
ところが、通勤していた頃は、地下鉄やバスの乗車時間にイヤホンで音楽を聴くことができたので、暗譜する時間も確保できたのですが、職を離れて“主婦”となってみると、自分だけで音楽を聴く時間は意外に持ちづらいのです。そこで、まずは3曲目の暗譜を目指そうと、自分が覚えやすいペーパーを作ることから始めました。
楽譜のコピーを切り貼りして、自分のパートだけにし、6回繰り返される部分を並べて、歌詞の区切りに線を引き、どこが異なっているかが一目でわかるようにしました。それをまずは一人になれる場所、トイレに貼りました。そして、お風呂場にはビニール袋に入れたものを置くようにしました。もちろんお出かけする時のバッグにも潜ませました。ふふ、なんだか試験勉強でもしているような気分になります。
それからは、そのペーパーとにらめっこです。1回目を覚えた、と思って、次に進みます。そのあとに覚えたはずの1回目を歌おうと思うと、もうごちゃごちゃになってしまいます。
しっかりついた“老人力”が恨めしくなるのですが、ただ繰り返しあるのみです。

さて、そろりと老いの道を歩みながらも、久しぶりに“負けるもんかの精神”を奮い立たせる私は、あと1か月でどこまで覚えられるでしょうか?
願わくば、本番には楽譜を外して、指揮者に集中して思い切り歌いたい。楽譜とのにらめっこは続きます。(M)
posted by blogstaff at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2023年01月17日

オペラ「カルメン」

先日、県芸術劇場大ホールで行われたウクライナ国立歌劇場によるオペラ「カルメン」を見ました。人生を長く生きてきたからなのか演奏がよかったからなのか、それぞれの登場人物のそれぞれの場面の心情にとても共感できました。終わったとき多くの観客がスタンディングオベーションをして、拍手がいつまでも続きました。やっぱり演奏が素晴らしかったからなんですね。
「カルメン」は合唱の出番が多く、グリーン・エコーでも何回か取り組みました。
私はグリーン・エコーに入団して最初のステージが「カルメン」でした。素敵な曲がいっぱいありすぐに大好きになりました。仲間でハイキングに行ったときも「カルメン」を歌いながら歩きました。
また、「男はつらいよ」シリーズの山田洋次監督によるちょっとこだわりの演出の「カルメン」も経験しました。練習の過程で山田洋次監督がグリーン・エコーの合宿に来てくださり、団員と意見交換してくださったこともとても印象に残っています。
「カルメン」では合唱は4幕全部に出て活躍します。兵士になったり、街の若者、タバコ工場の女工、酒場の客、密輸団、闘牛の観客とみんなノリノリで演技し歌いました。いまでもあの前奏曲を聞くだけで心が踊ります。
グリーン・エコーで音楽の楽しさを知った大好きな曲のひとつです。(と)
posted by blogstaff at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2023年01月01日

初夢

最近、指揮者からこんな注意を受けるようになった。「ベースは人数が増えたんだから、もっと他のパートとのバランスを感じて控えめに歌ってください。控えめに!ですよ」2023年3月、拍手が鳴りやまないグリーン・エコー第63回演奏会が大成功に終わると、間髪入れず合唱大好き男性が10人まとめて入団してきた。グリーン・エコーの演奏会に感動して、そして次の第64回演奏会に選ばれたクラッシックの名曲がどうしても歌いたくて参加してきたメンバーだ。合唱団の『団員集まれ作戦』はまんまと成功した。ボリューム感たっぷりの柔らかい男声合唱の響きが空間に広がって、その中には我が老声も優しく溶け込んで、誰もがうっとり、、なんちゃって、、、
以上『私の初夢紹介コーナー』でした。
 さて皆さま、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。振り返れば昨年は芸文コンサートホールで6回も歌うことができて私には幸せな1年でした。宇宙までも届きそうな壮大なフィナーレの後、会場に沸き起こる万雷の拍手、そしてホール全体に一気に広がる満足感と一体感。「今回も歌えて本当に良かった!」おかげ様で至福の瞬間を何度も味わうことができました。感謝感謝。コロナ禍の事情から舞台奥の客席2階で歌いましたが、これもまた楽しく。指揮者のタクトとそれに呼応するオケメンバーの動きを眼下に見下ろせる舞台中央の特等席。音楽に合わせて夢中で眺めていると自分の出番も忘れてしまいそうでした。なんとも幸せな音楽会。今年はこの楽しみを分かち合うメンバーが一人でも増えると嬉しいかな、と念じつつ新年のご挨拶とさせていただきます。(はなパパ)
posted by blogstaff at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2022年12月18日

裏拍で歩いてみたら

 前回のブログでも紹介がありましたが、先日、3月の演奏会で指揮をしていただく松井慶太先生の初練習がありました。その時、松井先生から出された宿題に「裏拍を体で感じる」がありました。
「裏拍」は言葉としてはわかっているつもりでも、いざその拍子を取ろうとするとなかなかうまくいきません。日本人は、日本語が表拍の言語でもあることから、概して裏拍は苦手なんだそう。手を挙げればバンザイになり、手を打てば間に揉み手をしそうな、どこまでも日本人な私は、どんぴしゃりで当てはまります。これはなんとかせねば!
 そこで、毎日歩く時に裏拍で歩くことにしました。意識していても、すぐに表拍に戻りたがる足を何とか言いくるめて3日、あれ?なんだか楽しくなってきました。足取りが軽い感じ?これはもしかして裏拍効果?一緒に歌も頭の中で歌います。うんうん、いいぞ、暗譜もできるかも。ポジティブな気持ちが全身を包みます。もう少し遠くまで歩けそう。リズムにも、暗譜にも、心にも「弾み」がつきそうで楽しみです。

(ゆ)
posted by blogstaff at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2022年12月04日

宜しくお願いします!

先日、来年3月の演奏会で指揮をして頂く、松井慶太先生の一回目の練習がありました。
スラッと背が高く、少し長めのふんわりヘアー、黒のコーディネートに黒マスク。目がハート(笑)
通常練習日だった為、時間が短いので少し早めに集合して「ユビラーテ・デオ」と「グローリア」を練習。歌いながら、指示をメモりながらとなかなか大変でしたが、今 練習録音を聴きながら復習中です。

グリーン・エコーに入団して48年。たくさんの指揮者と出会いました。我が団の演奏会、名フィル定期演奏会、第九、ニューイヤーコンサート等々 37名もの指揮者を経験させて頂きました。(10回以上ご一緒した方や外国の方も数名) 皆様それぞれに深く思い出がありますが、入団して初めての演奏会指揮者「外山雄三」合唱指揮者「田中信昭」人気爆発直前「佐渡裕」世界的指揮者「小澤征爾」の先生方は、特に印象深く強く心に残っています。こんなに多くの名だたる指揮者と、楽しい時間を共有させて頂けた(時には悔しい思いもありましたが・・・)のはとても幸せです。
38人目の松井先生とは、どんな思い出が創れるのかワクワクしています。次回練習までしっかり復習して、さらに一歩高い所に行けるように準備し、いい演奏会にしたいと思います。お楽しみに!!(Q)
posted by blogstaff at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景