2019年03月10日

第60回演奏会を終わって

D1IjfVJU0AAn-iE (1).jpgklein.jpg
難曲を乗り越えて快い疲労を感じながらこの小文を書いてます。
今回の演奏会企画は、基本的にはグリーン・エコーが練り上げたものですが、井上先生
は大変乗り気になって下さり、演奏前にはプレトークを行い、指揮壇上ではまさに華麗
なる「舞えストロ」であられました。ペンデレツキと伊福部を聴きたい、と全国からも
御参集いただいたようで、芸文コンサートホールが最終的にはほぼ埋まることとなりま
した。御礼申し上げます。
さて次の演奏会は、オケ伴ではない合唱のみの演奏会企画です。グリーン・エコーの純
粋な合唱センスが問われます。加齢の問題もあり、またまた大きな試練が待っています

気持ちを新たに頑張ります。(KI 3/10記)
posted by blogstaff at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2019年03月04日

大詰め

土日は演奏会の指揮者、井上道義先生による練習でした。

59回演奏会のあと、間に名フィルの2つの演奏会を挟み、1年以上続けてきた練習も大詰めとなり、土曜はいつもの長円寺会館が、窓ガラスが曇るほどの熱気でした。

続く日曜は、共演の名古屋少年少女合唱団の皆さんにもお越しいただいての江南市民文化会館大ホールでの練習でした。少年少女の皆さんの澄んで、どこまでも飛んでいきそうなまっすぐな声に、心洗われる思いの一方で、広い会場では普段の練習ではなかなか気づけないで通りすぎてしまう、自分達の合唱の響きやフレージング等の粗が露呈し、ヒヤリとする場面も多々あり。これはもう一度、個々の復習が必須です。

井上先生が、練習終了直前に、今回の演奏会の曲目、ペンデレツキ『クレド』と伊福部昭『釈迦』の組み合わせについて、『よいプログラムだと思います』と言ってくださいました。その理由は、私たちが選曲に至ったものとは、また別のところにあり、詳細は割愛しますが『旋律と言葉』に着目した、2曲の共通点と対比に言及されました。

私自身、今回の演奏会の曲目の意義を自分なりに考えてきましたが、先生の言葉には目から鱗で、さすが井上先生!と感激してしまいました。こんなに私達の選曲に深い理解をして、曲作りをしていただけることの幸せを強く感じます。泣いても笑ってもあと5日、精一杯頑張りたいと思います。(A)
posted by blogstaff at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2019年02月20日

目の前の外国人

リーマンショックの直後に始めた毎週日曜日の日本語ボランティアを、後任の方に
も恵まれ、そろそろフェードアウトすることにした。今から10年前、世界中が不況
で、日本語を勉強して日本で働きたい外国人が激増していた。その頃、講師の募集に
応じたのである。
あれから10年、日本を取り巻く情勢は変わった。不況で仕事がなかった日本が人手
不足になり、今や彼らの力を借りようとしている。
日本へ働きに来る外国人も、ブラジル人から中国人へ、中国人からベトナム人へと
大きく変わっていった。今もベトナムの若者が激増している。テレビのニュースで見
る世界が目の前にある。彼らの日常生活に踏みこみはしないが、きつい生活をしてい
るとしても彼らは前向きで明るい。なにしろ一大決心をして夢を叶えるために遠く日
本へ来たのだから。
私自身の環境もすっかり変わった。が、彼らの生活の変化は私とは比較にならないほ
ど大きかったに違いない。これまで数百人の生徒との出会いがあったが、彼らはいつ
の間にか故国へ帰り、消息を知らない。日本で数年間真面目に働き、そして勉強もし
た彼らが今も元気でいてほしいと切に思う。
(et)
posted by blogstaff at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2019年02月15日

井上道義先生の練習

7日(木)定例の練習日、伊福部昭作曲「交響頌偈《釈迦》」を井上先生に初めて練習して頂きました。
第1楽章の”カピラバスツの悉達多(シッダルタ)”はオーケストラのみで、合唱が入るのは、2楽章の“ブダガヤの降魔”と、3楽章の頌偈(じゅげ)”です。

「ドン・ジョヴァンニ」公演の余韻冷めやらぬ マエストロは 、瞑想する釈迦像ならぬ井上道義像の印刷されたTシャツと、スニーカー姿で登場され、すぐさま、Allegro vivaceで始まる、魔王の軍隊が釈迦に総攻撃をする場面の練習です。

最初は、男声がパーリ語で、'煩悩’に相当する語句を矢継ぎ早に、しかも執拗に繰り返します。
パーリ語の漢訳チューリン(稠林)、ケ(繋)など解釈の難しい語を、それぞれ丁寧に「どういう意味?」と皆に問いかけ、楽しくイメージを共有しつつ、「グレート・デーンが吠えているように」「怪獣がたくさんいるように」「ボクサーのように」「恥も外聞もなく」と跳ねてダンスをしながらの指揮!

その日は皆、恥も外聞もなく、大声でお喋りをしながら帰りました。(私たちって魔王、魔女になったまま?) (U)
posted by blogstaff at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2019年02月08日

インスタ、やってます

グリーン・エコーがツイッターを始めた頃から、SNSに興味を持ち始めました。時々、テレビで「インスタ映え」するスイーツの紹介を見ていたので、ツイッターより簡単そうなインスタグラムを見てみると、可愛いチワワの写真や、行ってみたい所の綺麗な景色などを沢山、見ることができました。

以前のブログで紹介した我が家のチワワ、プリンと武蔵の、これまで写した写真が沢山あるので、これを掲載して、何件の「いいね」がもらえるか、可愛いねってコメントがもらえるか、また、何人の人にフォローしてもらえるか知りたくなって、軽〜い気持ちで、半年ほど前から始めました。

結果は、そこそこ満足できる「いいね」と、嬉しいコメントを沢山頂き、始めて良かったと思いました。驚いたことに、外国の方からの「いいね」やコメントと、フォローがあり、可愛いものは、万国共通だと思いました。

今度、グリーン・エコーで歌う「クレド」では、ポーランドからソリストが5人、来られますが、そのポーランドからもフォローしてくれた人がいました。ソリストの方々にお会いするのが楽しみです。(年)

SNS(social networking service)
posted by blogstaff at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景