2017年10月10日

違った角度から見ると

 10/6,7両日に日本特殊陶業市民会館フォレストホールで名フィル第450回定期演奏会が行われ、グリーン・エコーはオルフ作曲の世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」の合唱として参加しました。それぞれのパートに歌いどころがあり、なかなか歌いがいがありました。3部構成のうち特に第2部は男声合唱のみで、早口言葉みたいなところ(14曲目)が無難に切り抜けられて満足しています。

 カルミナのおもしろいところは個人的には12曲目「Olim lacus colueram」でした。前後に豪快で素晴らしいバリトンソロの歌唱+演技(!)がある間に、曲中唯一のカウンターテナーの出番のあるところで、とても情けない感じで歌われました。というのは、テナーソロは今まさに食べられる白鳥であって、「焼かれちゃったよ」というと合唱が「惨めやねえ」と返す、といったやりとりが繰り返されます。白鳥を食べる貴族側でなく食べられる側、何と焼かれた肉の視点からととんちが効いており、新鮮に感じられます。それにしても、ソロ同士の掛け合いは見事でした。

 違った視点から見るということは大変難しいことです。他人の価値観を認めて・・・といったことはよく言われますが、自分の価値観を改めて認識し、さらにそれを一時的に否定するという高度なことを伴うからです。簡単にできるなら、いじめからテロまで様々な問題はすべて解決です。できる限り様々な視点から物事を見るよう努力したいものです。来週からは新しい曲の練習が始まります。私はどんな新しい視点を得られるのか、今から楽しみです。(たぬき)
posted by blogstaff at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年10月08日

『カルミナ・ブラーナ』の楽しさ満喫

10月6,7日は名フィルの450回定期演奏会、「名古屋の歌声とともに・宗教改革500年」と題され、カール・オルフの世俗カンタータ『カルミナ・ブラーナ』を名古屋少年少女合唱団と一緒に歌いました。

グリーン・エコーとしては、1972年第17回演奏会の名古屋初演から7度目の『カルミナ・ブラーナ』
そのうち第21,29回はシアターピースによる上演。名フィルの定期演奏会でも1981,92年に歌わせて頂いている。
そして創立45周年記念の第45回演奏会以来、17年ぶりの『カルミナ・ブラーナ』

6日、雨の中聴きに来てくれた友人たちからのメールには、
「歌詞の訳を追いかけ、聞き惚れ、ソリスト方たちのジェスチャ―など動きもあり、高揚感がありました」
「テノールの方が椅子から落ちそうな格好で、うたた寝?」
「”意表を突く”演出には、つい笑ってしまいました!」
7日、皆の感想を聞いて急遽当日券で駆けつけてくれた友人からは
「今までで一番、オケも勿論コーラスの皆さまの楽しさも伝わってきました。子供たちも緊張しながら一生懸命、ビシッとお辞儀をした時には不覚にも涙・・・」

わたくしたち団員も、オケ合わせの日には見られなかったソリストの方々の舞台を飛び回る動きや振りにびっくり!
これがシアターピースなのかな?
入団5年目で『カルミナ・ブラーナ』デビュー、練習は超(?)大変でしたが、この曲の楽しさを満喫しました! (U)
posted by blogstaff at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年10月01日

断捨離の相乗効果?

暑かった夏も終わり、すっかり秋めいてきました。
気付けば今年も、残りあと数ヶ月。そこで、思い切って断捨離をしてみました。

痩せたらまた着ようと、とっておいた服。何かに使えると思っていた箱や紙袋。掃除
用に残しておいた使い古しのタオル。これらを全て、処分しました。
その結果、部屋の中がスッキリと片付き、同時に心もスッキリと爽快な気分になりま
した。
これが断捨離の醍醐味なのかもしれません。新しいことを受け入れる準備は万全で
す。

この3週間に及んだ片付けの最中、ずっと「カルミナ・ブラ―ナ」を聴き続けまし
た。
かれこれ80回は聴きました。繰り返し聴いたおかげで、曲全体の構成が自然と体に
入ってきました。また、グリーン・エコーの練習で、指揮者の方から指導して頂いた
1つ1つの細かな注意点も、曲を聴くと自然に頭に浮かぶようになりました。
全体の流れと部分的な意識、そして断捨離の相乗効果?のおかげでしょうか。

10月6日、7日の本番に向けて、あと1週間。歌えることに感謝しつつ、大切に過ご
していきたいと思います。(ま)
posted by blogstaff at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年09月25日

「カルミナ・ブラーナ」小泉先生練習

 きょう(9月24日)は、名フィル「カルミナ・ブラーナ」演奏会の指揮者、小泉和裕先生による練習でした。小泉先生には2008年にグリーン・エコー第51回演奏会で「春の交響曲」の指揮でお世話になって以来です。お久しぶりって感じでした。
 最初に、小泉先生から「カルミナ・ブラーナ」は言葉がたくさんあってたいへんですがその言葉で曲の表情を作っていきましょう、いまから作り直しますというお話がありました。
 そして練習が始まり、私たちが何ケ月もかかって作りあげてきた曲のイメージが、小泉先生の言葉、指導によって、別の色づけがされ別の音楽に生まれ変わっていきます。じつは、この瞬間が好きで、毎回、ワクワクします。まるで魔法を体感しているようでとても楽しい時間です。
 きょうは先生の言われることは理解できてもそのように歌えない箇所もいくつかありました。特に、先生は、私の属するテノールが歌うある箇所の表情を気にされていました。本番までの宿題です。
 これまで、歌詞をちゃんと発音したりテンポが遅れないように歌うのに必死なところもありましたが、もっと曲の表情を大切にしていきたいと思います。本番まであと2週間、体調に気を付けながら、最後の追い込みがんばります!(と)
posted by blogstaff at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2017年09月17日

「りょくいん」と「学ぶ会」

「りょくいん」
手元に9月7日に発行された「りょくいん」があります。「りょくいん」とは、その時々の記事や団員の意見、思い等が編集された団内機関誌です。創立以来、綿々と発行され今号で250号となりました。(発行初期はガリ版刷り!鉄筆でガリガリ…懐かしいです。)
今号の内容は
@6月末の第59回演奏会の打ち上げの様子
川瀬先生,ソリスト,名古屋フィルのコンサートマスターさん等々のスピーチや写真…私達は会場で聞いていますが、記録として残り、紙面で読む事ができ嬉しいです。
A歌った団員のたくさんの感想文
演奏会への熱い思いがギッシリ詰まっています。
B会場のお客様のアンケートの要約や集計
ありがたい事に187名もの方が答えて下さった結果を、円グラフ利用など読みやすく集計されています。編集後記によれば目眩がするほどの多さに、機関紙委員6名だけでは大変で、団員6名の快い協力も得て集計したそうです。まさに、皆で作る「りょくいん」です。
C新人(復団)15名の紹介
顔写真付き。入団のきっかけや入団後の感想、趣味等が書かれています。
D6月の合唱祭でグリーン・エコーの合唱を聴いて下さった方からの感想
殆どが高校生。若い世代からの嬉しい感想…いつか入団してくれたら嬉しいなあ。
E自由投稿(3名)
巻頭言から編集後記まで、50頁に亘る250号です。
年平均4号ほど発行される「りょくいん」を私はいつも楽しみに読んでいます。

「学ぶ会」
8月28日の日曜練習の前には、「カルミナ・ブラーナを学ぶ会」がありました。
@カルミナ鑑賞
会場には、2001年にグリーン・エコー第45回演奏会(創立45周年記念)で歌ったカルミナの演奏が流れ、スクリーンには、その時の演奏会で歌っている様子が映り、対訳と共に内容に沿った美しい絵画が何枚も映し出され、とても素晴らしいDVD鑑賞でした。(私の楽譜には当時のアルトの並びが張ってあり、映像と見比べ懐かしく思いました。)
A団内指揮者のカルミナの解説
B5グループに分かれ活発な意見交換会
「学ぶ会」もカルミナに対する団員の熱き思いが溢れています。「学ぶ会」の内容は、企画した人事委員会からA4両面に纏めた報告書が配布され、欠席した団員も熱き思いが共有できます。

9月24日の本番指揮者である小泉先生初練習も入れて、あと3回の練習でリハーサル。
そしてカルミナ・ブラーナ本番(10月6日・7日)です。熱き思いを胸に、本番に向け素晴らしい演奏会となるよう皆で頑張ります! (あ)
posted by blogstaff at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景