2021年01月17日

食べるのも大事!

昨春に上司が変わり、仕事のいくつかを同僚に分配してもらえたことで残業が激減しました。コロナで『ステイホーム』の呼び掛けもあり、家にいる時間が増えると同時に、同居の母が入院してしまい、台所に立つ時間も増えました。

暇な時間にスマホで見るのは料理のサイト、休みの日にはおかずを作って冷凍したり…。食べることは好きだし、お買い得な食材の買い出しも含め、意外とストレス解消になっているようです。

時間が出来たときに材料がないのが嫌なのと、今は万一の、家に閉じ籠らなければならなくなる事態に備えて、ストックも多めに買っているから、節約にはなっていないと思うけれど、新しいレシピを試すのも、我流でやっていた方法をプロの解説するサイトできちんと知るのも、楽しいです。もちろん材料を使いきれずに傷ませることが無いように心がけています。

きちんと食べて、ストレスを少なくして生活するのも、感染予防のひとつ。そろそろメニューも決まったし、今夜も夕食作りに取りかかります。(A)
posted by blogstaff at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2021年01月01日

新年おめでとうございます

昨年2月末からグリーン・エコーの練習が中止になり、自宅で練習しながら改めて気が付いたことがありました。

先ず第一に湿度。春の日差しが入る部屋の湿度計は、10%以下を表示していました。喉に快適で健康に良い湿度は50〜60%とのこと。加湿付き空気清浄機でも足りず、更に加湿機を購入し、せっせと水を補充する毎日です。

次に家でも歌う前に練習日にしていたようなストレッチ、ヨガなどで体をリラックスさせて、発声練習をすることにしました。すると無理をしなくなったせいか、練習後喉が痛くなることもなくなりました。

リモートで皆と練習した合唱曲だけでなく、たくさんの曲も歌いましたが、曲の分析や歌詞の背景を調べる楽しさにも触れることができました。
そしてもう一つ先月12月に気付いたこと。それは貯筋はできないということです。寒さに負けず毎日楽しく体幹を鍛える運動を継続していきたいと思っています。

日本でもワクチンが承認され、みなさまが健やかに幸せな生活ができる年になりますように祈念いたしております。(U)


posted by blogstaff at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年12月18日

2020年の暮れに思うこと

晩秋の法起寺.jpg
2020年も残りわずかとなりました。今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が人間社会に立ち現われ、それに世界中が翻弄された(いや、今も進行形ですが)年でしたが、自分の人生を振り返っても、1年の間にこれほど世の中が変化した年は初めてかと思います。2月に開催したグリーン・エコーの演奏会さえ、遠い昔のことのように思われます。
今年、多く目にした言葉は、もちろん“コロナ”。それに伴って、“在宅”“オンライン○○”“リモート○○”“自粛”“新しい生活様式”などという言葉が飛び交い、従来は人が自由に行き来し、人と交じり合って成り立っていた社会が大きく変化したことを実感します。
一方で、コロナとは別に、“マイクロプラスチック”“SDGs”“脱炭素社会”“LGBT”などという、環境問題や人類の進むべき方向に関する言葉も、よく目にしました。
以前のブログにも書きましたが、コロナウイルス自体、元は野生動物が持っていたもので、人類による止めどない自然の破壊や地球温暖化が招いた野生動物の生息域の縮小により、人間と野生動物が近くなってしまったために人間に感染したもの。また、グローバル化が進み、人や物が短時間で簡単に移動するようになったため、発生から2ヵ月ほどでパンデミック(世界的流行)になってしまった。ということならば、人類が歩んできた道筋を見直し、これから進むべき方向を考える、というのは、我々が今一番に取り組むべき挑戦のようにも思えるのです。

話は変わりますが、11月下旬に、晩秋の奈良・斑鳩の里を歩いてきました。法隆寺、法起寺、法輪寺、中宮寺…山里にたたずむこれらの寺院は、その建築の美しさももちろん素晴らしいのですが、建造物の中には古くは飛鳥時代にできた仏像たちが鎮座し、やわらかく微笑んで、私を迎えてくれました。
これらの仏像は、何百年もの間、それぞれの時代の困難に遭遇した人々の祈りを聞き、見守り、安寧を与えてきたのだろうと思いを馳せました。そして、現代においても、コロナに翻弄されている我々と、我々がこれから進む道を、じっと見守っていてくださるのだと思いました。
そんなことを考えながら、斑鳩の里を後にしたのですが、新しい年が、少しでも明るくなることを願わずにはいられません。

写真は、法起寺の現存最古の三重塔です。(M)
posted by blogstaff at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年12月07日

腰椎コルセット


腰を痛め、整形外科に通院するようになりました。

ある朝、目が覚めたら腰が痛くて起き上がれず、どうにかベッドから出ても、痛みが酷くて歩けませんでした。

寝ている間に、なぜ?
と戸惑いつつも、腰を曲げて歩けば少しは痛みも我慢できるようになり、なんとか日常生活を送っていました。

それから3週間。
やっぱり痛みは治まらず、これは椎間板ヘルニアかも、と覚悟を決めて整形外科に行ったところ、骨格筋が衰えたことで体を支えきれず姿勢が悪くなり、腰痛になったとのことです。

そのため今、腰椎コルセットを装着して生活しています。つくづく、筋肉って大切だなあ、と日頃の運動不足を背筋を伸ばして反省中です。
皆様も、お身体には気を付けてお過ごし下さいませ。  (ま)











posted by blogstaff at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景

2020年11月21日

次の演奏会はベートーヴェン「荘厳ミサ」

先日、グリーン・エコーのスタッフからベートーヴェン作曲「荘厳ミサ」の楽譜が郵送されてきました。
当初、来年の春に予定していたダン・フォラスト「ユビラーテ・デオ」は2023年に延期され、この「荘厳ミサ」が2022年3月で直近の演奏会になります。
「荘厳ミサ」はベートーヴェンの晩年、「第九」と同じころに作られた曲です。
私は、過去に、この曲をグリーン・エコーで2回歌いました。今回は3回目になります。以前に歌ったときの印象は、むずかしい、音程が高くてたいへん、長くて体力が持たない、でも、とてもしっくりと曲に入り込めるし、ワクワクしてくるという感じです。
前回の2007年のグリーン・エコーの演奏録音を聞いてみました。手前みそですが、なかなかいい感じです。ワクワク感がもどってきそうです。
ヨーロッパでは年末などによく演奏されると聞いたことがあります。日本では、大曲過ぎるからか、あまり演奏されるのを目にしません。このような素晴らしい大曲に三度目のチャレンジができる幸せを感じています。同時に、声や体力を鍛えなおさなきゃいけないなという課題も!
ワクチンを始めとする新型コロナ対策が間に合うことを願うばかりです。(と)
posted by blogstaff at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常風景